【芸能】『西郷どん』“最悪”な演出で視聴率急落…最大の見せ場、西南戦争のきっかけをボカす

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/12/04(火) 21:05:29.44 ID:CAP_USER9.net
鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第45回「西郷立つ」が2日に放送され、平均視聴率は前回から0.9ポイント減の11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
終盤での1ポイント近い急落には、人気番組『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が裏で放送されていたことも関係していると思われる。

「西郷立つ」とサブタイトルでうたった通り、第45回は西郷隆盛(鈴木)が後に西南戦争と呼ばれる戦いを起こすまでのいきさつを描いた。
明治政府は、帯刀を禁じる「廃刀令」や士族の禄を廃止する「秩禄処分」といった改革を次々と打ち出し、それと呼応するように全国で士族の不満が高まっていた
西郷が鹿児島に設立した私学校に集う生徒たちも暴発寸前となっていたが、西郷はなんとかそれを抑え込んでいた。

ところが、政府が遣わした密偵が私学校に潜り込んでいたことが判明。いきり立った生徒たちは政府の火薬庫を襲撃し、密偵を拷問して政府が西郷を暗殺しようとしていることを知る。
事態を把握した西郷は、ついに自らが立つことを決意し、「東京に行って政府を問いただす」として、武装した兵とともに鹿児島を発った――という展開だった。

おおむね史実に沿った展開であり、「西郷は不平士族たちを必ず抑え込んでくれる」と信じる東京の大久保利通(瑛太)と、
暴発寸前の生徒たちに乗せられていく西郷の姿とを対比して描く構成も良かった。だが、視聴者からは「肝心な部分でお茶を濁した」との批判もかなり上がっている。
つまり、西郷がなぜ決起したのか、その理由がはっきりと描かれていないというのだ。

一応、劇中では、拷問された密偵が「ボウズヲシサツセヨ」との指令を政府から受けていたと白状したことになっていた。
これ自体は、現在の定説に近い。西郷は、「シサツ」は本当に「刺殺」を意味するのかと密偵に問うたが、答えは返ってこなかった。これを西郷がどう解釈したのかはわからない。
だが、「ああ、よかよか」とそれ以上詰問せず、いきり立つ生徒たちに「みんなで東京に行き、まつりごとのあり方を問いただす」と宣言した。
「お茶を濁した」と視聴者が感じたのは、この部分だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1596927/
2018.12.04 19:05 ビジネスジャーナル

368 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 01:55:51.98 ID:KjlstmUX0.net

>>362
西郷方が熊本鎮台を攻めたこと

84 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:39:55.19 ID:EzMXlVIw0.net

鶴瓶の岩倉は最悪だな

654 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 15:58:25.50 ID:tlHHZzqY0.net

いや・・・そこは視聴者の想像におまかせしますでいいじゃん
西郷さんを悪人にしたいのか?

649 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 15:46:43.93 ID:A0TEnVDP0.net

>しかし薩軍は、なぜ東京に行くはずが、熊本城を落とすことにこだわったのか 

反乱がガチで明治天皇と政府を潰そうとしてた政府転覆ではなく
一種の政治的アピールだから
ガチで効率よく既存政府潰してしまったら負けたときやばい
子孫は根絶やしにされ千年は朝敵として蔑視される

議会があったら薩摩の人たちも政治の世界ですきほうだい
暴れることができて戦争ならなかったんじゃないかなー
とおもった板垣や伊藤らは民主制度を整備する気になった

291 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:10:08.35 ID:/6dZwJvA0.net

>>211
やるなら承久の乱やってほしいわ

283 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:03:46.50 ID:ofGBRTQv0.net

>>277
というか、他の作品より
冷徹な感じが強く出てる。
そら地元で嫌われるわ。

207 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 23:06:45.39 ID:SiNAj6bX0.net

まあ薩摩武士って異常な連中だったんで
西郷どんが全てを飲み込んで、覚悟の上の
集団自決を決行したんだろうな。

495 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:53:34.01 ID:UqqK8AH00.net

シサツは視察の事だろうけど色々な意味の籠ったシサツだからな。もう暴発するしかないとこまで来てたんだよ。一回やんなきゃ治んない。あるだろうそういう事

609 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 11:46:04.82 ID:WRZNAvJW0.net

八重の反町演じた大山とこれの大山同一人物??

645 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 15:04:39.64 ID:FqBjHyYm0.net

忠臣蔵で吉良が浅野をいびる理由をボカすみたいなもん?

366 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 01:55:01.32 ID:24mjN0Ui0.net

>>361
思った
今週の最後のシーンで大久保を止めに入たところで、鶴瓶が
全部ぶち壊したな
ただダミ声で吠えてるだけの棒演技

あれで見てる方の気持ちが萎えた
下手くそ過ぎた
ミスキャスト

148 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 22:20:02.45 ID:XJPUHqTl0.net

俺はM1に備えて18時からのBSプレミアムで見た。
朝ドラも大河も総合よりBSの方が早く放送されてる事は、あまり知られてない。

561 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 09:46:35.62 ID:1LEPBljp0.net

来年の大河はタイトル見ただけでつまらなそうなんだが

493 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:48:43.05 ID:UqqK8AH00.net

中々良かったよ。どうせ現実もあんなもんだったでしょ。

331 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 01:02:08.16 ID:rXc3vO+l0.net

>>283
篤姫の泰造は良かったけど今回は役者もイマイチ

575 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 10:03:30.95 ID:NpmerId10.net

どっちにしろ戦いは不可避だったろ 大久保にとっては目の上のたん瘤やったし
更に難癖つけて 西郷擁する薩摩が立つの待ってたんちゃうん 薩摩隼人も血気盛んな連中だし大久保の犬にはならんだろうし
大久保にとっては逆らう連中を淘汰できるしな 

509 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 07:22:14.83 ID:mmF/OtjxO.net

見てないからどんな演出をしたのかわからないが
>>1を読む限りではそんなにわかりにくいとは思えない
心情を推測し得るだけの材料は十分提供されてると思うが一から十まで説明しないとダメなのか?

499 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 07:01:52.72 ID:S5AeVjDV0.net

>>420
それ女脚本家は駄目な
花燃ゆ平清盛直虎の大河ワースト視聴率は全て女脚本家

608 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 11:43:06.03 ID:lERpoT+j0.net

>>75
前体制を壊す、新体制を創る、の両方を兼ね備えていた稀有な人ってイメージ。

なんで悪く言われてるのか自分も分からん

516 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 07:36:13.62 ID:lBJrGZzT0.net

>>45
司馬遼太郎は偉大だったね

26 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:15:43.10 ID:JewfwXJg0.net

刺殺か視察のどっちの解釈にしても
鹿児島県民か麻生に喧嘩を売ることになるから無理
刺殺の解釈にしたら大久保がとんでもない陰謀家になって
視察の解釈にしたら西郷が最初から反乱を企ててたか勘違いした大間抜けってことになってしまう

187 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 22:46:29.27 ID:s/LOr3jr0.net

戊辰戦争直前に非戦主義者からやたら強硬派に変わったのもそうだが
きっかけはあっても、脚本家が西郷に自分の考えしゃべらせないんだよな。
しかも、周りの人間に「あなた何考えんの?」と聞かせながら西郷が答えるセリフがないという悪趣味w
鈴木亮平の演技がセリフ少なすぎて困ってるように見えたよ。

252 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 23:42:33.99 ID:1vIMf8hk0.net

正直、蜂起するなら江藤が兵をあげたときに同時に蜂起せんとな。
士族は各個撃破されただけやしな。

86 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:41:54.78 ID:1v+nVr+S0.net

>>69 >>71
サンクス。大久保利通は殺されたとはいえ政府側だったから子孫の待遇も安泰だな
西郷どんの子孫は一般人やで(西郷の兄弟親戚は明治政府側だったけど)
安部総理は長州で吉田松陰信者だし日本政府も根底は変わってないね

564 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 09:47:19.56 ID:vZ/5A/br0.net

慶喜公を再登場させよう
西郷と大久保に追い落とされた慶喜公は、その後は引きこもって旧幕臣にも頑なに会わずに政治から離れてひたすら大人しくしていた
一方の西郷は地元に返って不平分子を集めて暴走させて戦争までする

賢き慶喜公と愚かな西郷どんを対比させてこのドラマが慶喜公に働いた無礼千万を帳消しにしようではないか

417 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 03:04:48.29 ID:ZB3V+Zph0.net

これは一理あるな
歴史学的に見て何が起きたのかよくわからない、と
よくわからない態度をとった、とは
違う

351 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 01:28:55.62 ID:XY3OafnJ0.net

大河ドラマなんか最初から支那竹朝鮮ファンタジーなのに何を今更

226 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 23:26:48.96 ID:HiYWlLlg0.net

加山雄三が岩倉具視の子孫だっけか

638 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 13:48:57.85 ID:shdpAlkO0.net

>>623
通信手段が手紙とモールス信号しかなかった
時代の悲劇ですな。

549 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 09:27:14.81 ID:yY4ekHxu0.net

昔の翔ぶが如くだと西郷と大久保が東京で面談して決裂してたな
二人がサシで話し合ったなんて史実はないしそれができるなら戦争なんて起こらなかったのに

246 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 23:38:41.77 ID:8THpV3t/0.net

酒井宏樹に似てる

341 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 01:17:23.60 ID:GAcBgpkD0.net

>>1
それの何がいけないのか分からんw
そもそもドラマであって史実ではない部分も多いのに

そんな変な所に文句を付けるのなら史実では徳川慶喜の妾は
浅草の893の娘なのにナゼか薩摩出身に設定が変えてあったり
そのせいで大坂城から夜陰に紛れて江戸へ向けて夜逃げした慶喜が
大坂城に忘れて置き去りにした金の馬印を浅草の893が江戸の慶喜に
届ける描写が入れられなかったりした点の方が気になったけどなあ

297 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:21:37.02 ID:PJzlJy7Q0.net

>>280
ほんとそれ
鈴木亮平の頑張りは目を見張るものがあるのに作品のレベルが追い付いてない

74 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:36:35.98 ID:uOFtbbF+0.net

>>65
ゲリラだらけになるぞ

429 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 04:30:04.78 ID:NjBiNjkp0.net

>>424
西郷どんが人気者だったのは今でも分かる。
ただ、人気者だからこそ、それを利用しようとする者、
来て欲しくない者、足を引っ張る者まで集まってしまう。
皆が皆西郷どんに忠実なファンじゃないから、
暴走もするし仲間割れもする。
人気があるが故に、慕って来るヤツを切れない。
その辺のジレンマを抱えてたんじゃないかな。

548 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 09:22:49.28 ID:NjBiNjkp0.net

第二次長州征伐の結果を見れば、武士の時代は終わりって分かる。
武士じゃない奇兵隊や諸隊の活躍で、15万対4千の戦いに勝った。
高性能の武器とゲリラ戦で勝てる、
って分かれば刀や槍や弓矢で戦ってる場合じゃない。

555 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 09:34:30.61 ID:wy3mPzS30.net

どんどんつまらなくなるな
島編の方がまだ面白かったわ

432 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 05:05:43.43 ID:k5XwEy020.net

家族が見てるから今も時々一緒に見るけどこの大河の脚本大嫌いだわ

91 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:45:31.31 ID:wVU6QLNg0.net

大山が不憫でならない。

560 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 09:46:18.89 ID:LdBI7DPX0.net

来週の予告の冒頭で西郷どんが
「生きたかもんは降伏してでん生きろ。死にたかもんは死にやんせ。」
と言ってたのを見る限り、士族たちに死に場所を作ってやり、
自分もそれに付き合ってやったという感じにするのかねぇ?
で、大久保も恐らくそれを望んでるから、それで丸く収まるならそれでいいと。
大久保は大久保で「吉之助さぁ、立つな」と心では願いつつも、
事ここに至っては、もう士族と共に西郷どんに死んでもらうしかないと決断し
死にゆく西郷に心の中で感謝する、みたいな感じ?

146 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 22:18:46.10 ID:Irf+/eas0.net

維新までの流れは八重の桜の方が数倍よかった
維新後はどのドラマもアレだな

253 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 23:42:50.70 ID:5TWxdg0L0.net

「英雄達の選択」の西南戦争の回は面白かった

大河は林真理子が嫌いだから見ていない

492 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 06:43:37.93 ID:/RaSO/Ox0.net

歴史研究者死なねえかな
害悪

279 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:00:10.38 ID:5JoKZO9D0.net

そもそも西郷が決起したってのは本当に史実なの?
本能寺の変くらい真実は分からないとかはさすがにないの?

349 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 01:28:29.02 ID:kXgqPjh/0.net

一つの説に偏った作り方をする方が問題だろ

308 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:30:33.04 ID:QwOQRf+f0.net

勝海舟は話を盛るから全てを鵜呑みにはできない

376 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 02:06:30.66 ID:24mjN0Ui0.net

>>371
やはりあの電報は、私学校サイドの陰謀だったのか
西郷どん、気の毒だな

746 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 21:28:13.92 ID:1SdfEXBV0.net

いい加減、大河に嘘をまぜんな

718 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 19:09:23.73 ID:NpmerId10.net

>>717
そうかあ 生きてたか しかも署長になったか 命懸けの任務だったからなー 下手打ったけど危険な役目だったしまあ生きてて良かったわ

320 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:40:44.78 ID:TnVn5AQ80.net

原作者か、脚本家どちらの意図かわからないけど、このドラマは全編にわたって、
西郷(もしくはそれにまつわる人物)をまず行動させてから、あとからそのときの心情や理由を説明する、という構成になってる

これは一話冒頭の糸の行動の説明がまだなされていないことにも象徴されてる
こういった後回し体質ドラマを最悪と呼ぶかどうかは、、、、趣味によるんだろうなあ

434 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 05:30:33.74 ID:4zcTmbbC0.net

>>2
文章上手いですね。長目だけど読み易い。
プロ?

414 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 02:59:00.52 ID:e/2j98om0.net

>>28
28年前の「翔ぶが如く」では、西田敏行演じる隆盛に台詞で「おいが一人残らず…」と言わせたね

501 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 07:07:15.21 ID:kIb60EO30.net

ここポイントだろってとこをナレ死にするからなあ

江藤新平なんて最後は裁判だし
戦争ほど映像大掛かりにする必要もないだろうに、サクッとナレ死w

289 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 00:06:08.32 ID:J2YGrpaa0.net

史実はどうか知らんけどドラマの西郷はこいつらバカばっかって思ってそう

529 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 08:25:41.68 ID:tf34+M+Z0.net

そもそも西郷に一貫性を求めるほうがどうかしてるドラマとしての意見なら別だけど

392 :チャチャ丸 :2018/12/05(水) 02:27:44.68 ID:ecVZaUKV0.net

明治維新の最大功労者であり、最高権力者である西郷隆盛
東京にいるのは西郷軍だけ
そもそも、西南戦争になるのがおかしい
なぜ、西南戦争になったのかといえば、西郷が鹿児島に帰ってしまったから
そして、西郷を追いかけて 東京にいる西郷軍も鹿児島に帰ってしまった
だから、西南戦争になった
最初から勝つ気があるなら、敵を殺す気があるなら、
東京で軍隊を動かして政敵を殺し独裁者になればよかった
西郷は、簡単に、それができた
そして、毛沢東や、カストロや、金日成はそれをやった
それを、やらなかった所に、西郷の最大の不思議さがある
常識で考えれば、明治政府の独裁者になれた

49 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:28:07.50 ID:1vIMf8hk0.net

あれだけ反戦をつらぬいていたのが
シサツだけで戦争に傾いたのはあまりにも酷すぎる。

675 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 16:42:30.87 ID:BZ6HY85s0.net

西郷が蜂起するさいの名言がなかった事になるのはダメだろ。

675 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 16:42:30.87 ID:BZ6HY85s0.net

西郷が蜂起するさいの名言がなかった事になるのはダメだろ。

40 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:24:06.64 ID:JwOpnGc/0.net

>>35
来年、近代だぞ

50 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:28:59.88 ID:1vIMf8hk0.net

>>48
責任取るなら、暴発した子分がさらに過激な方向に進まないように
自分が腹切って死ねとしか思わんけどな。

32 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:18:42.63 ID:Ue0VpLgy0.net

>>20
基本東北の人は維新嫌いでしょ。
東北出身者が多い東京もまた然り。

日本の人口のボリューム層が嫌いな題材なのにNHKはまだわからんかな。

605 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 11:32:49.19 ID:17c9IfhG0.net

サイゾー

90 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:44:28.70 ID:Nf3azNFB0.net

大河は日曜の夜の地上波だからしかたないところもあるけど
制約が多すぎてつまらんな
Netflixあたりに大金かけて徳川家康とか作ってもらいたい

238 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 23:35:18.63 ID:1MzpfE810.net

最終回でパンティを被って変身して欲しい

17 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 21:12:25.75 ID:I/IOxBI30.net

1人で上京したら、留守番組が挙兵するからでしょ。

153 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 22:22:29.49 ID:i+VFnYWi0.net

>>146
幕末スナイパー八重なんてどこで終わってもいいんだよ

129 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 22:09:05.48 ID:tbbFeA5g0.net

来年の大河はつまらなさそうだしな
もっと古い時代のやってほしいは 弥生時代とか縄文時代

181 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 22:40:56.00 ID:8x7j0KCV0.net

>>165
薩摩藩というか島津久光は井伊直弼亡き後に慶喜を政治の表舞台に戻して雄藩の合議制で政治をしようとしたら締め出された
慶喜は会津も薩摩も含めて有力藩の力を削ぐことで幕府と権威を保とうとしたのよ
長州征伐終わっなら次は薩摩藩ってわかってたからそれなら黙ってやられるよりは長州と手を組むわってなった

532 :名無しさん@恐縮です:2018/12/05(水) 08:29:57.98 ID:M4XDudD80.net

>>1
西郷てテロリストじゃん

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑