【ロシア国立トレチャコフ美術館】名画「イワン雷帝とその息子イワン」損壊 棒でたたかれ

1 :孤高の旅人 ★:2018/05/27(日) 03:56:26.96 ID:CAP_USER9.net
名画「イワン雷帝とその息子イワン」損壊 棒でたたかれ
2018年5月27日00時45分
https://www.asahi.com/articles/ASL5V6K4JL5VUHBI01K.html

 モスクワのロシア国立トレチャコフ美術館は26日、19世紀のロシアの民衆の姿を描いた移動派画家イリヤ・レーピン(1844〜1930年)の名作「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」が、訪問者の暴力行為によって激しい損傷を受けたと発表した。
 美術館によると、閉館間際だった25日午後9時前、館内にいた男が巡回中の職員らを押しのけて作品のある部屋に入り、部屋にあった仕切り用の棒を持ち上げて作品にたたきつけたという。作品を保護していたガラスが割れ、人物を描いた中心部のキャンバス3カ所に穴があいたという。男は警察に拘束された。
 「イワン雷帝とその息子イワン」は、気性の激しさで「雷帝」と呼ばれた16世紀のロシア皇帝イワン4世が激情に駆られて息子を杖で殴り、死なせたという記録にもとづいてレーピンが1882〜85年に描いた。死にゆく息子を抱き、恐れおののきながら目を見開く皇帝の表情が高く評価されている。作品は帝政時代の1913年にもナイフで切りつけられたことがあり、このときはレーピン自身が修復作業に加わったという。
 タス通信は、男は37歳で、警察に「描かれた出来事は事実ではない」と話したと伝えている。(モスクワ=喜田尚)

23 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 05:41:03.94 ID:EJkgdP/H0.net

インターネットってもしかして人類に驚異なんじゃないの

15 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 04:35:52.90 ID:RnV3haKV0.net

37才で言い切るとは
タイムトラベラーか?

38 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 07:18:42.65 ID:JswQGJ480.net

妻のアナスタシアが急死してからおかしくなったんだっけ
イワン雷帝

51 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 11:26:25.33 ID:TRyasXxz0.net

その息子イワシ

59 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 13:00:45.43 ID:qXZaGAYi0.net

>>19
息子の嫁が妊娠中に着ているべき(宗教的な意味で)服を着ていなかったことにブチキレてボコす→止めに入った息子もボコす→両方死亡だったはず

結果リューリク朝断絶

125 :名無しさん@1周年:2018/05/30(水) 23:04:08.64 ID:x225fAx10.net

大雑把にイワン雷帝のことが知りたい人は
古書店か図書館で



アンリ・トロワイヤ「イヴァン雷帝」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4
アンリ・トロワイヤ

仏の名誉ある文学賞、ゴンクール賞受賞者

26 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 06:21:43.61 ID:rN6DF1Fx0.net

よくわからん事件じゃのぉ。

112 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 09:08:18.99 ID:pEj0ruAG0.net

ツァーリの威光に傷を…

110 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 00:12:16.42 ID:BMs8rLi90.net

http://www.cinemacafe.net/article/2015/09/17/34214.html

●セルゲイ・エイゼンシュテイン<歌舞伎・漢字・日本カルチャー大好き!>

『戦艦ポチョムキン』をはじめ、数々の名作を生み出してきたロシアを代表する映画監督エイゼンシュテイン。
若いころに日本語を学習しており、日本文化にも興味があったエイゼンシュテインは、
モスクワ公演があった際に歌舞伎を鑑賞。

そこで観た、歌舞伎独特の役者の仕草やスローモーション的な演技に衝撃を受け、
『イワン雷帝』では、登場人物たちが“見得”を切り、表情が際立つ照明が工夫され、
歌舞伎の影響が色濃く出ている。

また、漢字が抽象的な概念を組み合わせて文字としてデザインされていることに興味を示し、
それを基にモンタージュ理論を開発。
『戦艦ポチョムキン』でも、一見関係のないものを交互に映して意味を持たせるなど、
自身の映画に反映させた。

36 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 07:14:16.70 ID:WR5A4t3e0.net

皇女ソフィアもそうだけど、劇的な
場面を切り取るのがとにかく上手い。

16 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 04:41:54.65 ID:z/SLjX0jO.net

暴君であり名君だから賛否両論
賛否両論あるのはスターリンぽい

118 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 10:36:48.65 ID:bWj3A2Tk0.net

これはもったいない
老親父が息子をビリヤードの棒みたいなので刺し殺して抱きかかえてる強烈な絵
わかりやすい
クソ寒い憂鬱な雪の日に訪れて見るのが
ピッタリの名画だよ

84 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:56:23.32 ID:206yDgSW0.net

>>82
雷帝という異名そのものがロシア最凶の暴君だからこその産物だからねぇ
ロシア語ではカミナリ関係ないらしいけど

45 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 10:09:43.61 ID:zSI3eHp20.net

容疑者「何も言わん。黙秘する。」

46 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 10:13:41.35 ID:Qzj7JEIk0.net

>>44
そうだよ
親父が息子を殴って死なせたが
怖くなって抱きしめる親父の図

42 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 08:58:13.73 ID:0+cPppNt0.net

前世の記憶でも蘇ったか?

67 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 14:35:25.41 ID:+QxnhMxG0.net

グローズヌイ

105 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 23:32:37.01 ID:n2a8ZJTv0.net

イワンはイワンでも、ロシアの怪豪イワン・コロフ

37 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 07:16:57.19 ID:s1wU8ETP0.net

>>3
そこはおちちなの、あはん

71 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 15:01:13.69 ID:rIvaCo6Z0.net

>>70
ちょうど今のメインシナリオで出てくるからな

57 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 12:51:55.04 ID:G7QjQxaL0.net

やったのが日本人ではなくて良かった。
もしも日本人なら国際問題になるところだ。

115 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 09:47:27.59 ID:jgwIZitn0.net

>>17
いいよ、なかなかいい。

109 :名無しさん@1周年:2018/05/28(月) 11:25:54.63 ID:W/9E+cTa0.net

>意識が19世紀で死んでいるのが左翼だ

ウンコ食ってる人って、いつもなんかずれてるよね

レーピンは主に19世紀の帝政で活動した人で、
20世紀にソ連になってからはフィンランドに隠居したんですけど

24 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 06:19:55.16 ID:jGMVMEz10.net

>>22
「ーーー承知したーーー」
「おおっ〜!やって下さるか!ガスパジンZERO!」

4 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 03:58:43.37 ID:IfysfPwc0.net

イワンのヴォッカ

82 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:37:41.16 ID:HBVR3oYp0.net

>>80
欧州史においてロシアは田舎だしなぁ。
イヴァン雷帝も業績より子殺しで有名かと。

13 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 04:28:47.92 ID:yrOKy+5DO.net

クララの馬鹿

62 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 13:41:59.95 ID:1U+0psxg0.net

破損状況

犯人


事件を伝える現地ニュース
https://youtu.be/Db9_MOOHi9o

■参考
作者のイリヤー・エフィーモヴィチ・レーピン
(1844年8月5日 – 1930年9月29日)

代表作「休息」

80 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:17:06.97 ID:5wiPO5Jc0.net

イヴァン雷帝(1530年8月25日-1584年3月18日)

織田信長(1534年6月23日-1582年6月21日)

国も民族も違えど同時代に
これだけの強烈な個性を持った人物がいたわけで

日本史しか興味ない人にも
イワン雷帝はもっと知られてもいいと思います

72 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 15:12:54.90 ID:b/3GT+Cs0.net

イワン雷帝の第三部?の資料みたことあるけど
第二部でなよなよしたウラジーミル公の中の人(wiki見たらソヴィエトの大俳優の1人とか)が

なんと今度は「教誨師」になって出てくる予定だったとか

第三部観たかったわ

66 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 14:34:45.17 ID:b/3GT+Cs0.net

>>1

イワン雷帝と皇子イワン
(1870年〜1873年) トレチャコフ美術館

88 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 17:27:44.01 ID:5wiPO5Jc0.net

現在の実質皇帝化してるプーチンの治世で
今回のニュースはいろいろ考えさせられます

86 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 17:13:42.02 ID:dymm4lA00.net

否定的な意味があったら、都市名にグロズヌイなんてつけやせん

祖父のイヴァン3世(モスクワ大公)も、グローズヌイのあだ名がある

スラブ系にグロズヌイ(フロズニー)という姓はある

41 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 08:49:05.07 ID:ZNrhrvlE0.net

お父さんが息子の頭割ったやつ?
名画だよな

107 :名無しさん@1周年:2018/05/28(月) 01:23:52.67 ID:sVVCqNxm0.net

怖い絵 が怖い目に遭ったとな

55 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 12:00:23.07 ID:VPAXRr3y0.net

>>54
うまいなあ

122 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 13:25:58.92 ID:qMGhqPjS0.net

>>20
数十冊のアンネの日記を破りすてたのは在日韓国人

101 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 21:53:02.32 ID:C3k2KgDP0.net

結構グロいな

81 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:29:50.42 ID:ki+xJPrC0.net

>>47
ロシアのサンボの裏技さ

76 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 15:58:01.16 ID:htyWJww30.net

イワン雷帝なんて人格メチャクチャな破綻者なんだから、そんな奴が描かれた絵なんて壊されたって全然問題ないじゃん。

こいつのことが書いてある歴史書やネットに載っている人物像、在位中にやったことの内容を読むと不快感しか感じない。

タイムマシンがあれば大軍率いて処罰しに行きたい奴も沢山いるだろう。

世界中で、暴政や情け無い政治を行った過去の施政者たちを厳しく侮蔑したり糾弾しなければだめだ。

102 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 21:54:21.69 ID:aj+//FQ40.net

あの名画の内容に似合いすぎるな。

64 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 13:54:39.39 ID:OfcPN8tS0.net

オプリチニキ!wwwwwwwww

20 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 05:01:56.94 ID:S5KZWyFt0.net

犯人ネトウヨじゃねーかよこれ

79 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:07:39.61 ID:JO+a2F6R0.net

お仕置きだな

44 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 10:00:22.48 ID:Y0qypqXa0.net

>>34
殴った方が老いぼれに見える

49 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 10:40:31.02 ID:IcmoOcq/0.net

タイトルから想像したのと違って怖い絵だった。

74 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 15:35:53.00 ID:b/3GT+Cs0.net

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E9%9B%B7%E5%B8%9D/2080/review/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E9%83%A8%E3%83%BB%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E9%83%A8%E3%83%BB%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E5%B9%BB%E3%81%AE%E2%80%9C%E7%AC%AC%E4%B8%89%E9%83%A8%E2%80%9D/8/
イワン雷帝 (1944)
第一部・第二部・そして幻の“第三部”

>「イワン雷帝」の第三部はイリヤ・レーピンの「イワン雷帝と皇子イワン」が如く
>イヴァン4世が今まで殺めてきた人々に贖罪を求めるという内容にするつもりだったらしい。

これを(大粛清とか散々やった)スターリン政権下で作ろうとした
エイゼンシュテインは本当に凄い監督

ただ(スターリンにべた褒めされた第一部)と違い
第二部でもこの作品のすばらしさがわかるかと

http://www.youtube.com/watch?v=dl5OskTEFBE
イワン雷帝第2部貴族の陰謀=エイゼンシュテイン日本語終わり25mは幻の第3部未公開あり
※1946年の映画でパブリックドメイン扱いです

58 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 12:58:36.40 ID:fHmwIG8M0.net

>>1
棒でバカバカ叩かれたのか。

61 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 13:19:39.77 ID:1U+0psxg0.net

【イワン雷帝と皇子イワンのエピソード】

イワン雷帝はイワン4世のことで、皇子イワンはイワン4世の次男になります。
イワン4世は、1547年にロシア帝国の初代ツァーリ(皇帝/王)となった人物です。
「雷帝」という名は、彼の強力さと冷酷さにちなんでいます。
イワン4世は極めて残虐で苛烈な性格で、ロシア史上最大の暴君と言われています。

1581年、イワン4世は後継者であった次男のイワンを誤って殺害してしまいます。
イワン皇子の妻エレナが妊娠中に正教徒が着るべき服を着ないで部屋着一枚でいたことに腹を立てたイワン4世は、エレナを殴りました。
家長権という絶大権力を行使してエレナを殴りつける父親の様子が尋常でないことに気づいた皇子が父親を制止すると、
家長権の行使を止められたイワン4世は激怒し、我を忘れてツァーリの象徴とされる錫杖を手に取って皇子の頭に振り下ろしました。
正気に戻ったイワン4世は、血を流して倒れている皇子を見て、ようやく自分が何をしたのか理解したのです。
しかし、皇子は数日後に死亡し、妊娠中だったエレナは殴打とショックの為に流産し、彼女自身も亡くなりました。
以後、イワン4世は3年後の1584年に死ぬまで息子を殺した罪の意識に苛まれ続けました。

114 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 09:28:38.23 ID:QkaJbFYF0.net

>>54
立場とか抱えてるものがでかすぎると
普通の親子関係では有り得なくなるんだな
息子を殴り殺したのは皇帝としての自分、権威と自尊心が殴り殺したようなものだ
頭蓋から溢れる血を必死に抑える手は父親のそれだな
そこにある恐怖は、王朝断絶を悟ってというよりは、単純に息子を失う凡百な父親としての恐怖にも見えるね
まあ生来過度の嗜虐趣味、サイコパス気質だったんだろうけどさ

子供を猫可愛がりするってのは
たいした公的立場を持たぬ、市井の一庶民にのみ許される喜びなのかもしれないな

93 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 20:46:25.83 ID:87YWHv+Y0.net

本人がいってるのなら仕方ない

77 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 15:59:13.65 ID:dymm4lA00.net

ID:htyWJww30
人格メチャクチャな破綻者

60 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 13:06:42.84 ID:7WD8KEMw0.net

>>56

これどこ?クレムリン?

92 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 20:29:19.72 ID:Im7t62e10.net

中野京子の怖い絵シリーズで知ったなこの絵
なかなかの迫力で一度実物を見たかったがしばらく無理かな

3 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 03:58:02.06 ID:9/obDLAm0.net

いわんばかぁ〜ん、うふん〜

113 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 09:14:47.69 ID:QkaJbFYF0.net

>>1
雷帝嫌いのトチ狂った反ナショナリズム系リベラルがやったのかと思ったら
真逆のロシア至高主義者の仕業だった

無粋な事だわ

69 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 14:51:40.12 ID:dymm4lA00.net

5 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 04:00:31.95 ID:DoZOcfFt0.net

緊密に連携するネダ

            ===
             | .|
           ┌┴┴┐
            ̄| ̄ .Ξ| ̄
            |尊..Ξ|
            |皇..Ξ| プスッ
            |  ..Ξ|      ;・ ▀ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
             ̄|_| ̄     :;; ;■ ◥◣ ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣
.  / 、o ヽ   /   ||    /::”・∴▂▅██▅▆▇██▀▀ ◥◣
 /   |  __ノ ・  .,. |    .、▂▅▇███ ….▅ ■  ◥◣
           .,.■■■■■・:;;;・   ▪ ■ ∴‥   ∵▃ ▪ ・
           ■ ジャップ■           ▪ ∴ ….
           ii.  ̄”  ” ̄ii
        /ヾ| ( ゚) (゚ ) |
       //;;>〈 ___ ||.__ 〉  天皇陛下バンザァァァァァァイ!!
      //γ |   ●● |
     ソ_ソ>’´.-!、 \   Д /
    τソ    −!  ヾ ー-‐  ィ、.. 
     ノ   二!__―.’    .-”  \
    /\ /

90 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 19:46:00.42 ID:3+AL41cmO.net

>>80
信長「カカカ オレはそんなたわけたことはしねえってwww」

信雄「伊賀攻め、失敗しちゃったてへぺろ(・ω<)」

99 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 21:34:05.25 ID:5WNrm+6k0.net

昭和48、9年ごろの漫画雑誌の読書投稿欄に
似てるものシリーズ イワンのバカといやんばかん
ってネタあった

10 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 04:14:25.56 ID:OLt3TQr/0.net

>>3
先に書かれていたorz

78 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:05:15.17 ID:/hcvVl4p0.net

英雄誕生かな?

35 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 07:08:30.84 ID:A+y07IXI0.net

絵を見て
イワン4世・・・年老いたプーチン大統領
撲殺されたイワン皇太子・・・メドベージェフ元大統領
に見えたのは私だけ?

イワン4世もプーチンも強硬な専制君主、
奇しくもプーチンも有力な後継者がいないことが共通項。

85 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 17:04:40.55 ID:c20DK5ra0.net

>>80

イヴァン雷帝の墓はロシア革命による破壊を免れ1960年代に発掘されて遺骨から顔が復元されているが、過去に描かれてきた肖像そのままの風貌をしている
(復元像が肖像画に影響された可能性もないではないが)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%83%8A#/media/File:S.paleolog_reconstruction03.JPG
イヴァンの祖母であり最後のヴィザンツ皇帝の姪としてモスクワ大公国に嫁いできたゾエ・パレオロギナも遺骨から顔が復元されているが、イヴァンの厳しい容貌は祖母から受け継いだものであることがよくわかる

17 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 04:47:32.92 ID:kkkh0TtU0.net

>>15
タダノメンヘラーだと思う

83 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 16:43:34.44 ID:dymm4lA00.net

ID:HBVR3oYp0
ウンコを食べる人は世界史を習ったことがない

53 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 11:35:48.13 ID:SWHjb1Ll0.net

>>35
イワン雷帝は感情に任せて後継者を殴って死なせたけど
プーチンは計算して周りの反応を見ながら冷静に殴り殺すよなあ

32 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 06:51:03.02 ID:p7tSkQ0r0.net

イワンの息子イワノビッチ

28 :名無しさん@1周年:2018/05/27(日) 06:29:02.26 ID:++ID2HJO0.net

>>20
なんでもかんでもネトウヨと、、、
ネトウヨとやらのキャラ設定もりすぎだろ。

123 :名無しさん@1周年:2018/05/29(火) 15:21:17.97 ID:4+jWIOvk0.net

>>12
ギャラリーフェイク懐かしいわ

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑