【戦争】作戦から75年、インパールの悲劇後世へ 99歳元兵士「白骨街道」振り返る 「現場を知らない人が机の上で考えた作戦だった」

1 :樽悶 ★:2019/06/22(土) 16:25:20.83 ID:czULCUll9.net
油紙に包み、軍靴の底に隠して持って帰った佐藤哲雄さんの軍歴書。インパール作戦を指す日本の作戦名「『ウ』号作戦」の文字も見える

 先の大戦時に多大な犠牲者を出し、最も無謀な作戦といわれた「インパール作戦」から75年。インド北東部のインパールに22日、悲惨な戦闘の記憶を後世に伝える平和資料館が開館する。建設を発案した現地の観光協会から協力要請を受けた日本財団(東京)が、元兵士や遺族らに手記や写真などの提供を呼びかけ、200点近くが寄せられた。作戦に参加した数少ない生還者の元兵士、佐藤哲雄さん(99)=新潟県村上市=は激戦のただ中で携行した双眼鏡を寄贈。産経新聞の取材に応じ、極限の戦闘を振り返った。(大竹直樹)

■深刻な食料不足

 「ウ」号作戦−。第31師団に属する高田歩兵第58連隊の曹長だった佐藤哲雄さん(99)=新潟県村上市=の軍歴書に、インパール作戦を指す作戦名が記されていた。

 戦犯を疑われる記録は焼却を命じられたが、「自分の記録だから」と、油紙に包んで靴の下に隠し日本に持ち帰ったという。

 インパール作戦を含むビルマ(現ミャンマー)戦線は蒋介石の国民党政府への補給路の遮断、つまり米英など連合国軍が軍需品を支援する「援蒋(えんしょう)ルート」を断つことにあった。

 第33師団は昭和19年3月、比較的補給も容易な東側のコースを北上。一方、第58連隊が属する第31師団は補給路を断つため、インパール北方の要衝、コヒマを攻略した。英軍の補給を断ちながらインパールを目指して進軍し、連合国軍の拠点だったインパールを南北から挟み撃ちする作戦だった。しかし第31師団は南下を阻まれ、第15師団とともに孤立。補給もなく深刻な食糧不足に陥った。

 作戦を指揮した牟田口廉也(むたぐちれんや)司令官は、物資輸送と食料を兼ね、牛などの家畜を連れて行軍させたが、この「ジンギスカン作戦」は食料どころか足を引っ張るだけだった。「川では渡河(とか)船に乗った牛が暴れ出し、兵士もろとも川に落ちた」。川を渡った牛や羊はほとんどなく、結局食料として口にすることはなかった。

 上官から「敵のものを取って食え」という指令が下されたが、英軍が撤退した宿舎にたどり着いても、残された食料にはガソリンがかけられていた。佐藤さんは「食料補給はないのが前提。缶詰の牛乳であれ水であれ、飲んだ者はみな腹を下した。現場を知らない人が机の上で考えた作戦だった」と振り返る。

■師団長の「抗命」

 現地では疑似紙幣である軍票で食料を調達することもできたが、戦況の悪化とともに通用しなくなり、熱が出れば、熱冷ましに効果があるキュウリと、万年筆などを交換した。

 「眠れば自分の食料も盗られてしまい、翌日から食べるものがなくなる。草の根をかじっても栄養があるわけでもなく、衰弱している人は、マラリアにかかり亡くなっていった」

 連合国軍の戦闘機が上空をかすめ、弾は四方八方から飛んでくる。銃撃音で弾が来る方向が分かるようになったが、ビルマ・インド国境を越えた高地で砲弾が爆発し、破片が左ひざに食い込んだ。

 野戦病院では止血されただけで破片を取り除くことはできず、切った木を松葉づえ代わりに2カ月かけて前線から離れた病院まで歩いた。治療を終え、コヒマ付近にいた原隊に復帰する前、少尉から「もう少し休んで行け」と言われた。復帰するはずだった部隊は直前に集中砲火を浴び、ほぼ全滅となったと聞かされた。「すぐに原隊に復帰していたら命はなかった」

 物資補給を無視した無謀な作戦だった。佐藤幸徳第31師団長は「弾一発、米一粒モナシ」と電報を打ち、独断で撤退を決断。この陸軍史上初の「抗命」を機に6月、撤退が始まった。

■「生死は紙一重」

 ビルマを流れる大河・チンドウィン川沿いの敗走路は軍服姿の遺体で埋め尽くされ、「白骨街道」と呼ばれた。「日中は草木に身を潜め、夜に歩く。日本兵の遺体が2人、3人ずつ折り重なるように倒れていて、そこにハゲタカが舞い降りてついばむ。遺体はすぐに白骨になった」

 生死は紙一重。「人のことを構っていれば自分も死んでしまう。負けるか勝つかではなく、誰が生きて帰れるかという戦いだった」

 作戦では約3万人が「戦病死」したが、その多くは餓死だったとされる。自らの命をつなぐことで必死だった。バナナの木を見つけては根元を掘り返し、芋のようになっている根をかじって飢えをしのいだ。(続きはソース)

6/21(金) 16:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000576-san-cul

992 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 20:24:24.42 ID:2/rddJcX0.net

「国を挙げて先の事を考えられない無能でーす」なんて堂々と言われても困るなあ

803 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 07:02:50.69 ID:EHKfRnVT0.net

アベノミクスと似てるな。
無責任増税バラマキと無責任増兵見殺し。

985 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 20:22:29.14 ID:b5nJJlVv0.net

>>27
当時の現場も知らないヒキニートが偉そうに語るなよw

573 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:01:06.77 ID:WzNVREjG0.net

>>572
機関銃陣地で固めていたので
無理だった

787 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 04:20:26.37 ID:inWodjwZ0.net

>>780
別にインパール作戦の前例があるわけじゃないだろ
まあインパール作戦は前例があるとかないとかに関係なくクソだけど

>>782
日本軍が好んだ浸透戦術は第一次大戦後半で有効だった戦術

721 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:01:28.05 ID:MUQXxKg+0.net

>>718
まあ大将がバカだとどうしようもない
そして組織では少なくない確率でバカが出世してしまうということ

4 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:29:09.20 ID:5htyvwBS0.net

兵隊を飢えさせないという紀元前からの鉄則がなんで軽視されたんだ?
現場知らずの書生将軍どのでもわかるだろ

639 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:38:25.59 ID:WzNVREjG0.net

>>635
南方だよ
南だよ暖かいんだぜ
食うもんくらいそこらにはえてるだろ

777 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 03:10:18.55 ID:/x6c5v6d0.net

政府が公正中立ならば、企業側には天下りを受け入れる必要がない。
天下りは、人件費が高い。
それだけ、政府の規制などが難解で不明朗で、政府が公正中立でないことを示している。
政府の規制などが複雑怪奇なため、官僚が企業機密の内部にまで食い込んでしまい、
もはや、企業が独立した経済主体とはいえないような異様な社会主義経済になってしまっている。
天下りは、そういった腐敗や癒着の指標だ。
そういった不公正な政府の元では、新規参入は難しく、自由や独立心は抑圧されて、
投資の成否は、需要と供給ではなく、政府中枢への繋がりで決まってしまう。
天下りは、日本が、独裁国家であることの指標だ。
なぜ、企業側が、人件費のかさむ天下りを受け入れるのか? というと、
天下りを受け入れることが、企業競争力を増すから。
つまり、政府の規制が複雑過ぎて、政権中枢へのコネが、企業競争力の核心にまでなってしまっている現状があるから。
現実、地方の中小企業の社長の大半は、いつも政治家との懇談や会食ばかりしている。
で、政府から、簡単に儲かる公共事業の話はないか、作ってくれないか、と乞食行為ばかりしている。
そうなると、どの中小企業も業務内容は、公共事業乞食で横並びになるから、
企業競争力の差は、従業員をどこまで搾取できるかだけ。
もはや、それは企業ではなく、税金に集る奴隷小屋だ。
TOPは、税金を吸い出すための天下り、底辺は、人件費を圧縮するためのブラック労働。
強盗集団を画に描いたような組織だ。

エネルギーでも、「駄目なものは駄目」と禁止すれば、需要と供給の法則により、
エネルギーが値上がりして、浪費は止まる。
国民を保護したければ、国民の生活用の小規模電力のみ特例的に税で助成すればよい。
ところが、金儲けのためにエネルギーを浪費したい人々が、
「エネルギーが安くないと、金儲けできない」とゴネて、
国民の負担で、異様に安いエネルギーを作る政策を要求している。
税金の負担すなわち国民の負担なら、青天井に金を引き出せるから、
その国民の無尽蔵に見える金から、盗むことを「商売」と勘違いしている。
彼ら日本企業がやっていることは、ただの税を介した強盗であり、仕事でも商売でもない。

今の経済界が要求している政策は、端的に言えば、こういうことだ。
「エネルギー、人件費、その他もろもろの原価、経費を、税金の負担でタダにしてくれ。
 そうすれば、企業会計では、支出はゼロだから、売り上げがすべて儲けになって、国際競争に勝てる」。
確かに原価がゼロならば、国際競争には勝てるかもしれない。
しかし、原価をゼロにするための国民の負担は無茶苦茶になる。
さらに、今の日本の経営者は、国民の負担で、(売り上げ)=(営業利益)という異様な経営環境が作られていることを無視して、
それを自らの実力と勘違いして、折角の利益を私利私欲のために浪費している。
そんな異様な競争力の上げ底を取り除くべきだ。
自分勝手な殿様に、権利に見合った責任を取らせるべきだ。
殿様商売が元の木阿弥になるのは仕方がない。
賄賂と腐敗で、もはや、政府が、タダの強盗になりつつある。
殿様商売の視点から、眺めるから、「公共事業、強盗はよい」となる。
そりゃ、強盗する側から眺めれば、当然、強盗はよいことだ。
しかし、強盗される国民から見れば、とんでもないことだ。
投資とは、本来、民間が担うべきものだ。
財政赤字の現在、政府が担う投資は、もっと縮小すべきだ。

550 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:49:39.08 ID:KQ6NHEc80.net

>>3
企業っつーより、政府だわな

805 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 07:24:42.12 ID:+dmOKRGo0.net

朝鮮の役を命じた秀吉

「朝鮮など楽に攻略できる。朝鮮の次は明だ。明を落としたら間髪要れず天竺を攻めろ」

実際は、朝鮮北部が上限で、餓死者続出。不満は石田三成などに向けられた。

秀吉は、前田利家に毒を盛られて弱らされ、淀にとどめを刺されて死んだ。

736 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:34:34.86 ID:vq/Laudc0.net

>>712

中々良い事だと思うが、何か不満か?w

>バ・モウ (ビルマ元首相 独立宣言より)

>約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、
>英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。
>英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。
>・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、
>機会、文化、言語、さらに遂にはその生活様式までも失い・・・愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、
>入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来れり、
>これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。
>・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。
>・・・ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」

90 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:19:31.92 ID:kKA7E3Ru0.net

>>87
安部隊に入って出世する

855 :名無し@一周年:2019/06/23(日) 11:30:15.33 ID:+zN6aBIw0.net

先の大戦での日本兵はほとんどの戦闘ではなぶり殺されのような
死に方をし、戦闘以外では餓死、病死、水没等、いわゆる「英霊」
とは名ばかりの戦死者が七割以上。
ちなみに太平洋戦域での日本軍の死者は米軍の十万に
対して280万人。あわれな惨敗、無駄死の事実でしかない。
その事実を多い隠すように「英霊」とか戦死者を
美化しているのは、日本人の現実逃避。

501 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:25:39.17 ID://gngQz70.net

>>491
> 大日本帝国は根本から侵略思想を内包していた

いや、欧米列強の植民地主義国から日本を守るには、
大陸に出て行かざるを得ない状況だったんだわ。

532 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:38:49.37 ID:KJI8GXWZ0.net

>>499
サイパン島では水際陣地が艦砲射撃で早々に壊滅して
ペリリュー島では洞窟陣地で精強の第一海兵師団を壊滅させるほど活躍したのに
硫黄島で地下陣地を作ろうとした栗林大将を妨害して水際陣地にこだわった連中もいたよね
そいつらのせいで陣地の完成しないまま米軍と戦うはめになったけど
そいつらが硫黄島の司令官だったら一方的な虐殺だっただろうね

481 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:21:21.22 ID:axnLii8p0.net

 
★零戦:「防弾」と「人命軽視」:よくある質問

Q)キムチ臭いのが「零戦は防御が薄いので人命軽視ニダ!」なんてほざいているけど

A)しょうもない屁理屈です。当時の防弾対策というと防弾板、防弾ゴムなどを
  装着することですが、数百kg重くなります。エンジンがそのままでは運動性能が落ち、
  敵に食われるだけです。実際陸軍3式戦飛燕などは、防弾は充実していましたが、
  運動性が落ち、敵軍から戦い易い相手と評価されてしまっています。

Q)防弾すればいいというものじゃないんだ
A)飛行機の性能は、航続距離、速度、回転性能、防弾性能、上昇力など総合的な

  バランスです。防弾を重視すれば、他の性能が落ちます。それはパイロットの命を
  より危険にしてしまいます。「機動防御」に徹して、敵弾を当たらせない、というのも
  ひとつのやり方です。防弾ゴムを付けたところで耐えられる被弾数が少し増えるだけ。

Q)単に設計の違いってところ?

A)最近の軍艦は昔の軍艦よりも装甲が薄いです。だからと言って今より昔の方が
  人命を尊重していたなどという人は居ません。

Q)いつものプロパガンダなんだ

A)劣等民族や朝日NHKといったその飼い犬は「旧日本軍は人命軽視のひどい組織」
  というイメージを刷り込むために、様々な屁理屈を垂れ流します。
  零戦の防弾もその一つです。日本国民は要注意です。

24 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:39:53.52 ID:2wRqLNb60.net

牟田口を相手した芸者さんの記録は残ってないの?

487 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:22:13.02 ID:TUzEcKXu0.net

悪いけど武士で、しかも馬上より上級でも、軍事の素養があるとはかぎらんよ。
殿様の家政のほうのお世話が家業だったりするので。

472 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:19:02.43 ID:h7tobCtY0.net

>>467
零戦が素晴らしい運動性能を持ってたのは
防弾装備がなくて軽いからね

975 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 20:19:40.68 ID:vQjTVPZC0.net

>>972
封鎖といったって、すべての国が従うわけじゃないから文字通りの「封鎖」にはならんだろう。経済制裁と何が違うのか。

281 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 19:20:20.19 ID:oV/iJHsH0.net

>>159
敵地で傍聴されてるのに意識が低すぎるんだよあの議員は

33 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:47:17.90 ID:LyBFX82e0.net

ネトウヨ「インパールは楽ちんのハイキングだったよ!すっごい楽しかったよ!」

↑これ見てインパール作戦のお気楽さに呆れてるけど、合ってるよね?(´・ω・`)

752 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:09:07.04 ID:vQjTVPZC0.net

>>751
北朝鮮は「勤労人民大衆」が政治の主体なんだよね。それは集合的な観念で抽象的なものだ。だから個々人には先進国
の民主主義政治でみられるような政治的自由も権利もない。

323 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 20:11:56.35 ID:CD8kO3IA0.net

>>317
単に予算の問題だよ。戦前も戦後も

446 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:09:21.20 ID:yjecr6LG0.net

 
朝日日経NHKの飼い犬共!
8月15日にはいつものように
洗脳工作を実施アル!
 ∧∧
/ 支\
( `ハ´)   ∧_∧  はっ!必ず最後に日本兵の悲惨な姿を写して
(  ))) )  .(@∀@;)  戦争の脅しにすぐに屈するよう印象操作します!
| | |  (( l|lll|lll| (⌒,) いつものように日本軍は黒く着色し、暗い時代の様に
(__)_) と(   とノレ   絵をつくり不気味な音楽を流します!お任せ下さい!

120 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:41:02.59 ID:zlyEscXH0.net

>>115
パラシュートでなく、グライダーな。

大陸の方では、そういう空輸の文化がある。日本では
なじみがないけど。日本では輸送は船だな。

380 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 20:46:00.61 ID:NVDE2SFQ0.net

>>371
別にドイツ軍は壊滅しそうにはなってないぞ
攻勢が頓挫しただけ

685 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:27:30.29 ID:nLysnRKC0.net

今でも変わらない
震災対応したときは現場作業員への食料や水の補給は禁止だった
国税法上、作業員は個人の責任で現地調達と決まっている
会社が調達すると脱税になる
インパールの補給は正しい判断と断定できる

94 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:22:22.00 ID:PocqnYLv0.net

日銀の黒田批判か

860 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 11:42:42.44 ID:cQ+Gf+1K0.net

愚かな指導者は現場を避ける
まともな指導者は現場を見る
優れた指導者は現場と対話する

102 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:30:20.26 ID:QG6noyRO0.net

インドでは今でも日本軍兵士を讃える歌が歌い継がれている。
佐藤さんは知っているのだろうか?

14 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:33:05.22 ID:o4vjcEvr0.net

現地人を殺して略奪まで読んだ

568 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:59:12.92 ID:WzNVREjG0.net

>>561
肉弾攻撃ですわな
何千殺せば、○○がとれる
とか参謀もそんなノリ
これが上級ですよと
NHKでも96才の元少尉じいさんが泣いてた

294 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 19:33:44.00 ID:20T/b8BL0.net

>>275
メンテ不足で古い初期の原発と
近年の原発を一緒にするのがまずおかしい

894 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 17:20:13.53 ID:edf+/KAJ0.net

一方、アメリカ人はコカコーラを飲み缶詰の肉を食べていた

336 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 20:24:00.42 ID:GVFwKceA0.net

>>327
日本を上回る海軍力をもっていないと勝ち目がない国だからな

950 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 20:00:33.72 ID:BjLaoRxN0.net

>>933
結局負けちゃったからねえ

800 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 06:43:29.91 ID:rWlIWY5c0.net

>>799の続き
大川周明著「米英東亜侵略史」にこのような文章がある。

【日米開戦の真実 大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く 佐藤優】 より引用 

−−−−−−
大川周明著「米英東亜侵略史」

アメリカの国務長官であったブライアンは、音に聞こえた雄弁家として、
我が国にもあまねく知られた政治家であります。
この人がかつてロンドンで発行される『印度』という週刊新聞に
「印度における英国の統治」と題する一文を発表したことがあります。
ブライアンはこの論文の冒頭に、

「正義とは何ぞ、この疑問は予の印度旅行中、不断に予の耳に響いていた。
予がまだ法律学生たりしころ、予はウォレン・ヘスティングスの審問における
シェリダンの演説を読んだ。
その後十六年にしてアメリカがマニラを取り、盛んに植民政策が論議されるようになると、
予は印度における英国の統治を知らんとして、端なくもシェリダンの弾劾演説を思い出した。
予はこれを読めば読むほど英国の不正なるを思った。
ところがアメリカ人の多数は、年来イギリスの植民政策を賞賛しているので、
予は、我国にとりて極めて重大なる問題を、真剣に研究する機会を与えられるだろうと思って、
大いなる期待をもって印度視察の途に上った。
予は高級下級のイギリス官吏、印度教・回教・波斯教の教養ある人士と会談し、
貧者、富者、都会の人、農村の人を視察し、統計・報告・演説筆記など、
アメリカで手に入れられぬ文書を集めて調査した。
そして印度における英国統治は、予の想像したるよりもはるかに悪く、はるかに過酷に
はるかに不正なるを知った」

と申しております。次いで彼は印度視察中に知り得たる数々の不正を指摘したる後、
次の言をもってその文を結んでおります。
−−−−−−
・・・続く

258 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 18:49:42.13 ID:iSh5mCVT0.net

>>171
あれってこれから成長期に入る人間に例え
これからの発展を期待したいみでた話で決してバカにしていたわけじゃないって聞いたけど?

473 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:19:06.18 ID:N+qusoo80.net

>>1
千葉トヨペットで監禁されたから犯人逮捕
してくれ」って言ったのに、千葉県警匝瑳警察
署の「じんぼ」っていう警察官は、「監視カメラを
見た結果逮捕しなかった」と嘘を言った。トヨペ
ットに確認したが、監視カメラなど見ていないと
のこと。警察による捏造事件。
ここでもトヨタに忖度する警察。ここは北朝鮮
かよ。
マスコミもトヨタを北朝鮮の将軍様のような扱い
をし、トヨタ車に欠陥があっても、いつもドライ
バーのせいにしている。ドライバーの主張は一切
無視してドライバーを逮捕しているという世紀の
冤罪事件。とても民主主義国家とは思えない。
、。

83 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:14:14.37 ID:W4ifIDtT0.net

戸塚ヨットスクールに精神が引き継がれてんな

236 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 18:34:46.23 ID:q/N35+Jf0.net

節子、それ軍人やない。素人や。

827 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 09:57:02.52 ID:9OPGMaYfO.net

人材育成してないよね
すべて派遣に丸投げ
人材派遣で人材枯渇だわ

670 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:15:01.22 ID:pMLK71in0.net

>>640
>>650
有能なわけ無いだろ。何もかもが間違いだぞあのオッサン。
単にコミンテルン工作員としてソ連に忠実だっただけじゃん。
あまりにも米国のケツが汚れすぎて、マッカーシーのようなマジキチじゃないと掃除できなかった。
チャーチルに何度も呆れられてる。地政学的にしゃーないから最後までついていったけどな。

ケインズ政策で一番有能だったのは高橋是清。その次がヒトラー。
ニューディールは鳴り物入りの割に大した効果を上げていなかったのは、その後の実証研究で明らかになってる。
まあ古今東西よくあるパヨク宣伝ですわ。パヨクの起源もアメリカだからな。

503 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:27:14.81 ID:H21/Wabw0.net

ナチは開戦後 配給のカロリーは
自由な時代より上がってる
兵隊の武器と食料は国で管理した
武器無しでの戦闘はさせてない
玉砕もない、特攻もない

804 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 07:23:30.79 ID:hRBKL+Jt0.net

340 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 20:25:56.93 ID:6MHd+Y9Z0.net

凄まじいな

546 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:48:08.56 ID:zlyEscXH0.net

>>534
ネットで、硫黄島から生還した人の手記が載ってた。
米軍の戦車が来るというので、20キロの爆弾背負って、
地面に穴掘って隠れていて、近づいたら
車内の下に潜り込んで自爆する役目。
潜り込むどころかたどりつく前に無駄死にしてしまう日本兵が続出。
戦車群が1時間で1mぐらいしか前進してこないのだという。
合図とともにいっせいに目標の戦車に皆で一緒に飛び出す
はずなのに、ちょっとでも怪しいと砲弾をぶちこまれて
飛び込み隊員?たちは死んでいく。
そんなとき、一人だけ飛び出して這っていく日本兵が見えて
戦車の下に潜り込んで爆発した。それを見て激怒した米指揮官、
戦車群を猛スピードで全軍ダッシュさせて
人間地雷源を一気につっぱしって、前線を突破してしまった。
栗林中将が玉砕攻撃に出るほんの数日前のほぼ最後の組織的戦闘の手記。

305 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 19:47:19.64 ID:cGPllH/o0.net

>>288
山本五十六たちが日独伊三国同盟に反対してた時は新聞で「国賊山本」「米英のスパイ」と書かれ
それを真に受けた右翼や愛国烈士から「明日海軍省に乗り込んで山本に天誅を下す」という心温まるファンレターが毎日届いたという

422 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:00:17.35 ID:h7tobCtY0.net

>>412
確かに新潟に油田はあるが、無理でしょ?
むしろ北朝鮮領内の方が出そう

952 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 20:01:47.80 ID:JfA59wknO.net

>>933
総力戦研究所を無視してる時点でお前はアホ
負けた後にどうするつもりだったんだ?

727 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:20:23.85 ID:vQjTVPZC0.net

まあイギリス側の心理としては、おバカ作戦を相手に勝ったんでは英雄的にならないので、牟田口もある程度
強敵である必要があるんだよ。

296 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 19:35:04.44 ID:T2meF4Ti0.net

>>202
それだと軍部の高級将校の目的に合わないんだよ
彼らは軍縮やりだす親英米の政治家やら重臣やら排除して
にっくき技術者たちを徴兵して、将校の意のままにこき使い潰して悦に入るのが目的なんだからな

918 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 19:27:05.53 ID:uNN8GUP50.net

そろそろ戦犯ヒロヒトの罪を総括しなければならない時代だよ

15 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:33:07.59 ID:rMm+JAgp0.net

蝶々トンボも鳥のうち

945 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 19:57:17.34 ID:BjLaoRxN0.net

当時も今も変わってないのが日本の怖いところ
民族の癖としかいいようがない

23 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:39:40.12 ID:QBvPvpLA0.net

今の政府も似たようなもんだな
消費税増税しかり年金問題しかり

530 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:38:04.26 ID:zlyEscXH0.net

>>520
なんでも鑑定団に、栗林大将?の
愛馬のムチが出品されてたな。
(あ、馬だから、バロン西のかな)

乗馬をする人は数少ないので欲しがるの総数は少ないけれども
乗馬は金持ちが多いので、すごい高値の鑑定値がついてた。
なお、硫黄島へは馬の代わりに戦車が運ばれた。

387 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 20:49:07.03 ID:/2MxUV4c0.net

>>376
日本には原爆2発落としたけどドイツには落としてないやん

155 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:56:22.56 ID:zlyEscXH0.net

>>149
高原の観光施設は、わりとインパール作戦に似てる。
採算が合いそうもないのに、送り込まれてきて

敗退

687 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:28:46.97 ID:xTsjQJljO.net

いまやっかいなのはアフリカのエホバ熱だろうな
これが蔓延したらアメリカ軍でも撤退するしかないもな

731 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:26:03.76 ID:o8a/EQkB0.net

>>729
ユダヤ人に煽られたからだよ。
ドイツ本国ではないがアンネの日記の一家を捕まえたジルバーバウアーが裁判にかけられたきっかけは「アンネの日記は捏造だ」って煽られたヴィーゼンタールが「嘘じゃないことを証明したる」ってキレたから。
それまで平然とウィーンで警官やってた。

566 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:58:17.58 ID:2izpKmm80.net

>>553
知ってたはずの旧民主党も野党根性丸出しの外野気分で偉そうに騒いでるしな。
もう戦前の政党政治末期とそっくり。

839 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 10:51:55.47 ID:ZH4cJR+z0.net

>>837
インド兵は捕虜を銃剣の練習にしてなぶり殺しにする日本軍に対して激怒してたけどな
6月22日にインパール道の打通のときに、ミッションで日本軍傷病兵百人あまりをガソリンをかけて生きたまま焼き殺したのはインド兵なんだぜ。

570 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 21:59:34.56 ID:xTsjQJljO.net

>>557
困ったときに正社員ではなくて派遣社員で急場をしのぎ
用が済めばば派遣社員を切り捨てる
この体質がインパール的なんだよ

21 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 16:38:48.36 ID:hp/SRQey0.net

原子力発電所の現場で働いた実務経験が全然ないのに
『私は原子力に詳しいんだ』っていってた東日本大震災の
時のあの人とDNA的なものがつながってんじゃね?

379 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 20:45:43.61 ID:GD36yExs0.net

>「現場を知らない人が机の上で考えた作戦だった」

今の政治家、官僚、無能経営者も同じか・・・

64 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 17:02:50.63 ID:Uh/1ujPS0.net

日本人はもっと一揆をしたほうがいいんだろうな

868 :名無し@一周年:2019/06/23(日) 12:21:50.46 ID:+zN6aBIw0.net

>>868

ボースは日本からソ連に亡命しようとしていた。
来られたら困るソ連やボースを野放しにしたくない
英国が乗機に細工を仕掛けて可能性がある。
いくら、敗戦直後とは言え、97式輸送機の整備がおろそかに
なっていたとは思えない。
英国やソ連の工作員の技量は、想像以上のものだし、今もそうだろう。
ボースの遺骨は東京のさる寺院の安置されているが、
ボース事故死を信じないインド人は当時から多数いた。
ために、インドへは帰還できていない。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑