【茨城】古文書、ネットで散逸 震災契機に出品増加傾向 専門家、ばら売りに警鐘 「研究の妨げになる」

1 :樽悶 ★:2019/09/07(土) 16:06:34.90 ID:c6/sTgWd9.net
オークションサイトには水戸藩に関する古文書の出品もある

歴史を伝える古文書などの貴重な史料が、インターネットのオークションサイトで頻繁に売買されている。水戸藩に関する文書や書簡なども取引され、新発見の史料が世に出る場合もある。一方で、出品者や落札者がサイトでばら売りするケースも目立ち、茨城県立歴史館の石井裕・主任研究員(42)は「本来ひとまとまりの史料がばらばらになると、研究の妨げになる」と史料の散逸に警鐘を鳴らしている。

匿名で気軽に出品・購入できるオークションサイトは、インターネットの普及とともに、古文書の主な売買の場として台頭した。古書店も調達の手段としてサイトを活用するほか、史料を相続した所蔵者が処分に困り、まとめて出品するケースが増えた。その傾向は2011年の東日本大震災以降に加速。専門家は「大震災の影響で保管先の蔵などが壊れ、史料を手放す所蔵者が増えた」とみる。

ネットオークションでの売買が活発になり、眠っていた貴重な史料が見つかった例もある。2017年に東京大史料編纂(へんさん)所の研究者が羽柴(豊臣)秀吉の書状を落札。この書状は、織田信長が中国地方を支配する毛利輝元を攻めた「中国攻め」の際、1577年に秀吉から播磨(兵庫県)の武将・間嶋兵衛尉(まじまひょうえのじょう)に宛てたもので、筆跡や内容から本物と鑑定された。これにより播磨国調略の具体的な内容が初めて明らかになった。

一方で、史料がインターネットの波に消えている実情もある。約3年前、幕末水戸藩の政治を知る上で重要な人物とされる中級藩士・小瀬弥一衛門(おせやいちえもん)に関する書簡などが段ボール1箱で出品され、十数万円で落札された。史料はその後、ばら売りされ、1通1万円前後で全国に散逸した。

日立市在住の郷土史家・内田正人さん(66)は、水戸藩に関係する史料の散逸を懸念し、14年前からサイトを見守っている。内田さんは主に藩士や藩医に関する史料を収集。1日に1回は出品状況を確認し、これまでに約400点を落札した。

内田さんは「一通り研究した後は(公的機関に)寄贈したい。行政が主体となって郷土の史料をきちんと集め、誰もが閲覧できる環境をつくってもらいたい」と期待を込める。

石井主任研究員は「史料は一つにまとまってこそ意義がある。散逸を防ぐには、研究機関と所蔵者とのネットワークづくりや地道な啓発活動が必要になる」と話している。(勝村真悟)

9/6(金) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000005-ibaraki-l08

48 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:42:00.53 ID:E1h1EQUU0.net

ネットオークションには偽物しかない
という噂を流したのは
収集している学者や鑑定士

113 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 19:18:09.77 ID:BLFAcrRb0.net

>>37
拡大を止めるためには外部のエネルギー(金)がいるんだよな

118 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 21:10:16.81 ID:1CUbaeFH0.net

クズめ

107 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 18:26:20.68 ID:0hFge+JQ0.net

>>88
ああ、普通にそういうのがあったな
高野切れとか香紙切れのつもりでボケてみたんだが

88 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:21:21.12 ID:qTl79iZQ0.net

>>87
というか古民家だと古文書がふすまの修復の下張りに使われてたりするからね

64 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:58:34.58 ID:xShjnL300.net

そもそも市場に流れてる古美術とか遺産品なんかも
カネに困った貴族が流したからあるんだろ
どんどん長瀬

6 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:11:14.80 ID:EHY0K3tZ0.net

買えよ

62 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:57:42.90 ID:CcqT1OqM0.net

>>60
なにそれ?

58 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:53:45.16 ID:UT0TibzZ0.net

散逸が問題とか記事では言われてるけど
散逸するのはまだマシな方で震災が起きたら多くは普通に廃棄処分になってるよ
津波かぶったりしてるところに大学教授とか博物館の学芸員が史料保護活動で向かっても
被災者からすれば見ず知らずの人間がいきなり来て古文書保護に来ました
とか言われてることになるわけで良い気は普通はしない
そもそも「古文書」といっても何が古文書なのか普通はわからないわけよ(戦中の回覧板だってもはや古文書)
だから生活再建時にゴミとまとめて多くは捨てられる

92 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:47:40.85 ID:kJAyQeH40.net

なら研究家や専門家が買えばいいだろ
個人で無理なら文科省()に訴えろや
配慮()ばっかり求めてくるんじゃねーよ

14 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:19:50.60 ID:SSepZvx80.net

競争原理を導入したら、こういうすぐに金にならない分野は真っ先に廃れるよ

外部から研究費取るのが難しいからね
それが日本政府と国民が決めた道なんだから、仕方ないことですわ

17 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:22:03.78 ID:Sxwnxm6B0.net

>>12
長州閥テロリストの末裔は海外バラマキ外交で日本絶賛破壊中。
日本人はサヨク化して頭が悪くなりすぎた。
今じゃ文革並の一億総白痴化している。

138 :名無しさん@1周年:2019/09/10(火) 18:46:02.87 ID:Do4PGLkv0.net

こういうのって売る人も買う人も大抵まとめて扱うもんじゃない?と思ったら、
バラ売りにすることで儲けるみたいな奴が間に入ったりするのか

難しいね

9 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:14:35.14 ID:lVI1jZGI0.net

じゃあ研究費で買えよ

140 :名無しさん@1周年:2019/09/10(火) 20:56:04.09 ID:cGPdn8Zw0.net

地元の勤王の志士とか剣豪とか農業指導者とか陸軍の偉い人とか読むと面白いんだけどね

139 :名無しさん@1周年:2019/09/10(火) 20:54:14.04 ID:cGPdn8Zw0.net

こういう資料って自治体史レベルのものだから、なかなか教科書に掲載されるようなものは少ないんだよね。だから地元を離れちゃうとあまり面白くないんだよ。自治体史編纂時には詳しく説明されたんだろうけど、世代がかわると引き継がれないのが残念なところ

47 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:41:33.16 ID:SSepZvx80.net

>>43
どういう話がしたいのかはわからないけど、金がないんだから研究できないって点では一致してるのかな

税金のムダだって意見も多いだろうし、日本政府はさっさと大学の研究に見切りをつけたらいいのにね

必要なら欧米から学べばいいんだよ

どうせ日本人に大した研究なんてできないんだから

73 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:05:17.25 ID:CcqT1OqM0.net

そじゃないと、頭に来て、そのまま焼却とか普通にあり得る話だろ。

ほんとに馬鹿の集まりだからな、学芸員って奴らはwww

40 :血ヶ滝ルナ:2019/09/07(土) 16:35:04.81 ID:xTaBp0cy0.net

科学的な年代測定を謝礼として、スキャンさせてもらえ
研究には電子資料で十分だろ
何世紀頃の紙と墨で、筆跡も間違いないという鑑定書と引き替えに
電子化させてもらう
鑑定済みなら高く売れるだろうし
古文書売りたい持ち主にとっても研究者にとってもいいだろ

7 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:11:27.83 ID:BVcG2INT0.net

ちびちび研究して給料ふんだくる金の亡者

85 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:19:32.22 ID:CcqT1OqM0.net

>>83
www

11 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:16:09.08 ID:mX1D+98X0.net

しゃーない、
一億総守銭奴国家日本なんだから。
カネになるものは1円でも高く売る、
そうしない奴は人間の屑

13 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:18:07.82 ID:/3Xk+A6l0.net

お金持ちが集めたらいいのよ

114 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 20:00:23.71 ID:+x+M8pr/0.net

どうしてもというなら国が買うか法律で銃や刀みたいに登録しないと所有できないようにするしかないかな

133 :名無しさん@1周年:2019/09/10(火) 18:27:41.45 ID:NyhDXpo30.net

>>131
それの何が悪い

126 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 23:44:55.65 ID:vwKCIIcC0.net

>>78
バブル崩壊ののち公務員バッシングで博物館なんて随分叩かれたよ。内部からも費用対効果がないっていわれ、閉館にまで追い込まれたのに、地元の人が古文書とか仏像とか預かってくれって持ってくるんだと。

96 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:52:08.71 ID:E6B3lfDM0.net

普通に落札すればいいのでは?
金出さずに口だけ出すのはクズだなぁとしかw

89 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:22:08.93 ID:oFxyu7Vi0.net

大学の図書館はどこも本が溢れていて、大学の研究者が研究費で買った本でも、
辞める時にはそれらを大学が受け継がずに次々と棄てている。

古文書のようなものが出て来た場合、その値段には根拠などないし、
相見積もりをとることもできない随意の買い取りしかあり得ないから、
公金の支出とするのは難しい。
仮に大学の研究者が数百万の予算を持っていたとして(普通はそんなこと
はない)、神田の古書店からGHQの日本占領時の極秘文書が出て来た、
とか、平清盛の日記が出て来たとか言われて、100万円で買いませんかと
持ちかけられたとして、はたしてそれを買えるのだろうか。
古書屋とグルになって、100万円で税金で買い、古書屋はそのうちの10万円
を研究者に買い取りしてくれた謝礼として図書券を渡すなどのような
汚職の温床になりそうな気がするから、事務処理できるのかな。
結局研究者が私費で言い値で買い集めて研究するほかないのじゃないか?

123 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 23:32:59.32 ID:vwKCIIcC0.net

>>120
いまの公務員もせいぜい10年で公文書廃棄だぜ。あとからでも裏話が分かったりしたほうがいいと思わんか?

74 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:05:33.04 ID:mX1D+98X0.net

>>60
>>65
そもそも保管する場所も手間も費用も無い、
というのが実状なんだろうな。

類似の事例として、古墳等の埋蔵文化財の話があって、
出てくる埋文を一々マジメに調査発掘保存してたら、
造成工事の遅れと費用で自治体の財布がパンクするので、ある程度のものは見なかったことにするってのが、
(関西や九州の)造成工事現場では暗黙の了解事項となってる。

54 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:48:40.30 ID:SSepZvx80.net

その論理なら、日本の地方国立大の6割は研究する価値のないことやってるみたいだね(ソース貼れないからググってみて、6割が研究費年間50万円以下ってニュースが出てくるから)
そのとおり、大賛成ですよ

日本は金が無い二流国になったの
アメリカどころか中国にも勝てないよ

これを認めるのがそんなに辛いの?

87 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:20:17.40 ID:0hFge+JQ0.net

文章をバラバラにして適当な屏風や色紙に張り付けて別物にしちゃう奴とかもいそうだな

24 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:26:20.90 ID:lNtEVGoF0.net

こういうののバイヤーは外国人ばっかりだからな

56 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:50:39.38 ID:SSepZvx80.net

>>54
>>50
アンカ抜けてた

日本人に文系の研究なんておこがましいんだよ
そんなことしても役に立たないというのが多数派の意見なんだから、歴史でも政治でもアメリカや中国からの研究結果を受け入れてればいいの

117 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 20:59:55.66 ID:UcmmzFIZ0.net

古文書の研究なんて自己満足以外の意味あるの?
自然科学の方が社会の発展に寄与してるじゃん、って一瞬思ったけど、近隣諸国に好き勝手に歴史を書き換えられる危険を考えたら、疎かには出来ないな

70 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:01:08.41 ID:GOWVr2oB0.net

>>62
そりゃ相続する子孫が居ないと、史料取りに来てもらえないか問い合わせるでしょ
できません言われたら終わり

93 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:49:35.53 ID:VmZCA6Vr0.net

名家の出だと、色々残ってる場合が多くて良いな
その分しがらみも増えそうだが

100 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 18:00:51.71 ID:vkijaRDe0.net

どうせ捏造だから新しく古文書作ればいいよ

102 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 18:03:22.76 ID:/FAn2idn0.net

スキャンした後売ればええやん

61 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:57:28.79 ID:ku0RyOIi0.net

そんなに困るなら、ちゃんと金払えばよい事
やれ研究対象だとか貴重だとか言って所有者に寄贈とか求めると
売った方が良いってなるからね

サイトでも立ち上げて高額で買い取りますってやれば良いと思う

94 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:50:18.95 ID:OoMfuAG+0.net

>>12
そのての文系軍団団結してバラ売りに対抗するのは出来ないの?

46 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:40:01.34 ID:waKG+moc0.net

古文書を大切にしていこうという気持ちが分からず、カネ、カネ言ってると、朝鮮人になるぞ。

65 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:58:58.42 ID:GOWVr2oB0.net

>>15
史料が自分の研究範囲じゃないものだと拒否するのかもしれないねえ

42 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:36:24.19 ID:CcqT1OqM0.net

高く買えば、みんな資料館、史料館に売るだろ。

低脳なのかな?(ww

いつもはタダで貰ったり、寄贈されたりして、いい身分だなwwww

125 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 23:38:25.21 ID:vwKCIIcC0.net

>>106
言わないだけで買ってるかもよ

77 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:07:58.03 ID:GOWVr2oB0.net

>>72
それで給料増えるとか自分の成果にならなきゃ手を出さない仕組みになってるんじゃないの?
今って安値入札制でしょああいうとこも

3 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:08:26.60 ID:3P5LteFK0.net

出品者はどうすれば一番高く売れるかしか考えていません

130 :名無しさん@1周年:2019/09/09(月) 09:26:55.22 ID:ttA/YLYf0.net

>>117
何月何日にどの程度の災害があった、とか色々な記録で
自然科学にも十分貢献してるじゃん。
こういうのは、一度失われたら戻らんのよ。

72 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:04:00.76 ID:CcqT1OqM0.net

>>70
いや、できません、と言った屑学芸員のこと。
研究者に紹介するとか、誰かに振る話でもあるだろ。

135 :名無しさん@1周年:2019/09/10(火) 18:29:44.82 ID:VRcNQqho0.net

>>96
本文読めや
買ってるだろ

105 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 18:11:11.75 ID:DR7vrdn90.net

実は分散保管した方がいい結果になることもある
まとめて保管していたばかりに事故や災害、戦災などで一気に失われたもののなんと多いことか
あゝ、アレクサンドリア図書館の書物が欠けることなく現存していたら…

86 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:20:02.59 ID:E1h1EQUU0.net

ぶっちゃけ言うと我が家の古美術品は
それなりに人から入館料をとれると言えるほど収蔵品があるが

持っていますの情報発信もしていないので
買いたいという情報も入ってこないwww

79 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:12:04.73 ID:w8lF0t+w0.net

政府の研究機関とかなんかが集めてるイメージだけど、そういうの実在してないのか

8 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:13:52.27 ID:3gaIL7Om0.net

>>1
現代の吾妻鏡だな、
しかし吾妻鏡ですら南北朝期にはすでに散逸が始まっていたことを思えば、
散逸を避けようとするのがどだい無理な話

63 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:58:24.25 ID:PhVu/kT50.net

ここでもまともな法律がない動物並み国家日本の実態がわかるね
笑うしかない

68 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:00:07.65 ID:xemIkW510.net

>>61
ほんとそうだよ
研究者ならニセモノつかまされることも少ないだろうしw

22 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:26:00.30 ID:Sxwnxm6B0.net

>>14
いや、サヨクのおまえは学がなくて価値がわからないだけだよ。
金を出すかどうか判断するのは結局は教養だから。
競争原理関係無いw

129 :名無しさん@1周年:2019/09/08(日) 14:14:46.58 ID:/wXLtgpz0.net

>>103
そう!大学の先生に資料借りパクされる被害者多い
道徳心が別のところに付いてるらしい
それだと返したら次にまた、という続きは無いのよね

141 :名無しさん@1周年:2019/09/11(水) 06:47:33.59 ID:4M9qQmlF0.net

>>12
この通りじゃん。斜陽まっしぐら。

80 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:12:31.18 ID:GOWVr2oB0.net

>>76
全国回って集めた史料は全部が佐賀にあった、って磯田先生が言うてた
鍋島の働きなんだろうけど
ならいっそあそこを史料収蔵特化県とかにしちゃえばいいんじゃない

4 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:08:37.35 ID:nurRnT890.net

研究なんか関係ない
カネがほしいんや・・・へへへ・・・

19 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:24:21.23 ID:mX1D+98X0.net

>>12
だって、そいつらに投資してどんだけ儲かるの?
単なる穀潰しでしょうが、そいつらw

日本は基本穀潰しの学問オタは死ね、
そんなんは金持ちの暇潰しか
変人の趣味でしかないというのが基本なんよ。

必要なのは、理系=モノ作り=金儲けのネタ、
を生み出す学問だけだよ、
ウダウダ言ってると、80年前のように雑兵にして
最前線に送り出すぞw

122 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 23:29:52.59 ID:vwKCIIcC0.net

>>117
地元の名士が大名に金貸してたり、米の流通経路とか分かったり、村の地境で喧嘩してたり、まあ郷土史だな

12 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:17:59.15 ID:SSepZvx80.net

>>9
日本はもう金が無いの
地方国立大の教員の研究費は、文科系だと大半が数十万以下
東京に何回か行って、少し資料なり機材買ったら終わり

もう貧乏国なんだよ
お隣と同じく、歴史を軽視する国になっていくでしょうね

95 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:50:33.59 ID:79XKxLKm0.net

学問軽視は安部ぴょんの悲願だし国民も支持してる
あらゆる研究は自費でどうぞ、これこそ理想の日本国

51 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 16:44:15.01 ID:WvS0gSPi0.net

希望価格で買ってくれなかったから段ボール1箱で出品されたんだろ。人のせいにすんなよ

134 :名無しさん@1周年:2019/09/10(火) 18:28:52.62 ID:VRcNQqho0.net

>>6
買ってるだろ
本文読めや

69 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:00:34.33 ID:PydTdIkw0.net

>史料の散逸に警鐘を鳴らしている

だったら、まとめて買い取れ
買う金がなかったら出品者にコンタクトをとって説得しろ

76 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:07:44.14 ID:xemIkW510.net

>>1
水戸藩に関する博物館や資料館があると思うが、それでこの状況なら
その他無名の小藩などは推して知るべし
研究者というなら、ただ口を開けて待つのでなく行動しろ、知恵を出せ

90 :名無しさん@1周年:2019/09/07(土) 17:22:32.79 ID:pYcfA1PK0.net

書簡などが段ボール1箱で出品され、十数万円で落札された。
史料はその後、ばら売りされ、1通1万円前後で全国に散逸した。

こういうの多いよな 電化製品でさえ「購入何ヶ月?」って質問したら
「譲ってもらったものなんでわかりません」ってよくある

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑