哲学って、皆が知ってる当たり前の事をいかに小難しく言うかというだけの中二学問だよね

1 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 10:56:51.90 ID:inuaiwT20●.net ?PLT(22000)

 日本を代表する哲学者・西田幾多郎(1870〜1945年)が京都帝国大(現・京都大)で
講義をした際に使用したノートなどの未発表資料が見つかり、石川県西田幾多郎記念哲学館
(同県かほく市)が5日、報道陣に公開した。代表作「善の研究」の重要なキーワード「純粋経験」などの
言葉が記されたノートもあり、同館は「西田哲学の形成と深まりに新たな解釈をもたらす可能性がある」としている。

 資料は西田の孫が2015年秋に東京都内の自宅倉庫で発見した。長年雨にあたっていたとみられ、
傷みが激しかったが、寄託を受けた同館が奈良文化財研究所などの協力で修復し、京都大、
金沢大と文字の書き起こしを進めている。

 ノート50冊のうち、32冊は書かれた時期が推定でき、帝国大(現・東京大)選科生時代が
10冊、旧制四高で教授などを務めた金沢時代が13冊、京都帝大教授などを務めた京都時代が9冊とみられる。

 このうち、思想の過渡期にあった京都時代の倫理学の講義ノートには、主観と客観が
区別される前の直接的な経験を指す「純粋経験」の記述があった。学生に哲学を講じる一方で、
独自の思想を展開していた様子がうかがえる。同じノートには、「Personal Nature」を
「個人性」と訳す際、「人格性」という別の訳語を当てて消すなど、推敲(すいこう)した跡も残っていた。

https://mainichi.jp/articles/20180606/k00/00m/040/109000c

128 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:43:58.27 ID:f3tZiJ390.net

>>114
まあそんな戯言よりは認知科学や脳神経解析の最新の知見のほうが意味があるよな

102 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:59:54.66 ID:cIdXlanU0.net

当たり前とは何だろう?

27 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:19:44.29 ID:ICR09Th10.net

鞭の血

52 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:57:59.84 ID:L3zBuzYW0.net

海外では理系より哲学のある文系の方がランクが上って聞いたことあるけど本当?

156 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 15:03:25.37 ID:FJYUYs0z0.net

哲学者でも高校の頃の数学、物理の点数良い奴なら尊敬できる
そうでないなら単なるアホ

15 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:09:19.02 ID:M86WqU8q0.net

個人的には記号学がツボだわ。

109 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:08:02.18 ID:R33Uae820.net

小難しいことをいかに簡単に言うかだろ

197 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 20:40:21.25 ID:XPloUa7o0.net

>>194
三木清読んでみろ。論理と歴史の上になりたった人生哲学を書いてるぞ。

>>196
全方面の哲学を修めた人は、少なからずマルクス・レーニンを通ってきてるからしょうがないと言えばしょうがない。

188 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 19:06:03.67 ID:OS70bEMP0.net

(´・ω・`)神様のパズルは面白かった。

260 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 14:27:17.78 ID:+dY5HKJ00.net

ル、、、ルサンチマン

263 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 14:53:49.26 ID:q7I++2EM0.net

>>77
共通言語って難しいな。ネットもそうだが。

213 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:39:02.62 ID:XPloUa7o0.net

>>212
ことば自体は論理でもなんでもないよ

47 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:51:39.19 ID:ASub6GTT0.net

ソクラテスのことを描いた漫画でエウテュデモスってやつが出てきて、そいつが哲学要請ギプスをつけてたのは知ってる
ただその漫画のタイトルが分からん

34 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:38:27.11 ID:3cX0wpfl0.net

釈迦の言ってることは哲学(´・ω・`)

287 :名無しさん@涙目です。:2018/06/30(土) 07:57:41.24 ID:Lu+8QdPv0.net

ニーチェってたいしたことないよね。
神は死んだといっても、それがどうしたって感じだし。
インド哲学の本を読んだりしてると、この程度なのってしか思わない。

225 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:51:50.36 ID:XPloUa7o0.net

>>214
そりゃそうだけど、論理そのものじゃない。
ここでよく見るのは、ことばの意味をわかってない人が、単語だけかいてほれ見ろって勝ち誇ってるの。
論理的な思考を止めるものでもあるんだよ。

だいいち論理そのものなら、固有名詞に含まれた歴史や感傷を全部否定することになる。

考えて。難しくないことだから。

241 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 04:44:18.35 ID:BKVu8dJ40.net

>>鹿取信二

>学問的にイエス・キリストの存在が証明されないのなら、イエス・キリストは架空の人物で間違いないね。 この発想そのものが不勉強な証拠です。
何度も言っているように、そんな基準が成り立つなら、お釈迦様やソクラテスなども、架空の人物になってしまいます。 認識論を考えましょう。
>聖書って聖典じゃないの誤りがあっては困るでしょ。 「誤り」って言葉を単純に、一元的に理解しているから、そういった見解になるんです。 時間的前後関係、地理的な記述、細かな筋立て、などには、人によっては「誤り」だという部分はあります。
現代人が要求するような正確さを、昔の人は考えないからです。それを「異同」なのだと理解する人もいますが、「誤り」は「誤り」として、ではなぜそうなっているのかを考えながら
研究するという人もいます。 それでも「聖典」「正典」として、機能するんですよ。 あなたが知らないだけです。

272 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 19:31:28.59 ID:mRWXPlr50.net

哲学は事象を言葉という道具を使って人がそれを認識出来るように対象化する事だよ

134 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:56:46.85 ID:Pu23kYmt0.net

妻が何か面白い話をしろと寝る前に言ってきた。
ソクラテスの良い妻を持てば幸せになれる。
悪妻を貰うと哲学者になれると話したら怒られた。
そして哲学者になれた

137 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 14:01:19.84 ID:QKzEyN/U0.net

>>135
著者は哲学者。
証明された身体・脳の理屈を使わないで、普通に実感されて言葉で語れる範疇だけで、
認識やコミュニケーションや美の影響ということを分析している本だよ。

240 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 03:26:18.42 ID:QUz+rqSf0.net

哲学とは違うけど清水義範の『インパクトの瞬間』読むと、評論やら深読みがいかにバカバカしいか良く分かる

280 :名無しさん@涙目です。:2018/06/30(土) 06:45:59.54 ID:bi+o/sKZ0.net

自分なりのジンクスみたいなもんだよ

178 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 16:36:15.08 ID:LjPp6f8S0.net

なまじ言葉が生まれたばっかりに

155 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 15:01:15.36 ID:G/1vToW10.net

>>1
まずこういう事言っちゃう自分が厨二病だと
気付かないと

114 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:21:18.71 ID:Yjf0tGwY0.net

純粋経験やア・プリオリな認識があったとしても、それに何の意味があるのですか

220 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:45:50.77 ID:U/Cp0E660.net

早起きは3もんの得

271 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 17:50:42.03 ID:Pdw4Qey+0.net

ニーチェ最高

169 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 15:59:18.65 ID:VTxQsnqZ0.net

>>63
上の方で誰かがレスしてたけど色んな事の本質を考えるのが哲学なんだよ
んで「人々が直面してる現実がこうなのは本質がこうなってるからだ」みたいな説を作り出してる

50 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:55:59.09 ID:D1J6ye/M0.net

誰もが知ってるというか、誰もが当たり前だと思って深く考えていないことに理屈をつける学問なんじゃない?

244 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 07:29:12.69 ID:zUwcjuQr0.net

なんでニュー速のひとって、自分の知識の範囲に無頓着なの?
なんで理解してないどころか学んだことすらないことを、あれだろこれだろって平気で言えるの?

65 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:11:57.90 ID:2orB9wz+0.net

>>34
そしてお釈迦様も当たり前の事しか言ってない
ただ、当たり前の事が出来てないのが人間というもので、どうやったらそれが出来るようになるか
みんなで知恵を出し合って考えたり、お互いに励ましあったりしようねってのが仏教だと
そんな感じの事を言ってる法話があったな

183 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 18:10:12.00 ID:oYcXklGp0.net

けっこうギリシャ哲学からやんないとダメそうだが
岩波文庫ばかりで買う気しない

184 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 18:15:19.17 ID:6fKSGXOZ0.net

Kindle Unlimitedなら無料で読めるが以外と面白かったよ。
https://www.amazon.co.jp/impress-QuickBooks-ebook/dp/B074JYG5X8/

208 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:13:21.57 ID:XPloUa7o0.net

>>205
だから数学と縁の深い学問分野なんだって。
あと論理はどの分野にもある。
あなたは学ぶ前にやめてそう決めつけてるのかも知れないけど。

127 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:41:29.84 ID:QKzEyN/U0.net

>>118
学問のいろんな分野を横断的に探る分野だものね。
社会契約論は、その政治的な意図の他、いまは医学でもその歴史を追ってる学者、医者がいる。
すなわち、社会契約は、生まれた時点で社会の中での個人の位置づけを与えられた世界を一旦
なくすという方向で、全ヨーロッパに影響を与えた。(著者の意図とは違う面だが)
それが人の自由意志を重んずる方向に影響したのはいいことだけど、それで社会的な位置づけ
を見失い、ストレスが多くなったということがある。例えば、PTSDや鬱という現象で、過剰に敏感に
なり、何も仕事ができないという病が生まれたのはその影響の後からだという説がある。

224 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:50:54.39 ID:xvfhW9n50.net

たとえば、私という存在の謎。
私、というのは、存在しているのか
なぜ何かが存在するのか
世界が人間に理解できるのはなぜか

277 :名無しさん@涙目です。:2018/06/30(土) 06:31:39.45 ID:wWcVlQDQ0.net

コギトエルゴスム「我思う、ゆえに我あり」とか正にそれだなwww

154 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 14:45:00.91 ID:PvdUCxre0.net

ID:f3tZiJ390

ハイネとかリルケの詩を暗唱して
短歌と詩吟の師範の資格を持っていて
書道は行書や草書だけじゃなくて金文とかいう古代中国の文字も書くことができて
ピアノとオルガンと和琴も弾けるあなたの祖母は
孫がネット漬けなことについて、どう思ってるのかな?

286 :名無しさん@涙目です。:2018/06/30(土) 07:36:18.58 ID:tCOpBBDG0.net

中二学問とは朝のスープの湯気を数えるようなものだ

180 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 17:13:44.58 ID:w8uwyuRm0.net

>>121
バシュラールの「空と夢」買ったけどそもそもの前提がさっぱり過ぎて10ページくらいで挫折してしまった…

148 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 14:30:11.41 ID:QKzEyN/U0.net

>>141
数学史の本読むと、少なくともデカルトは必ず取り上げられてるけどなぁ。
いまは学歴関係なく学問の表層くらいは誰でもタッチはできるじゃん。

>>142
抽象的なお話だものねぇ。
他の人の言葉だけど、現象学の立場をとっているとされる著書というよ。
つまり、人が感じる、印象や感情というのを、主観ではなく現象としてとらえ、
その現象を一般化していくことで、美や誌的な印象というところに迫って行こうという本だよ。

135 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:58:59.01 ID:bypqEqgg0.net

>>121
それは哲学なの?認知科学とか心理学の分野とはまた違うの?

138 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 14:04:59.49 ID:QKzEyN/U0.net

>>136
まぁ学問自体がそうだからなぁ。
必要や興味なしに出張ることないからね。

経営やっててアカデミックな経営論なんか見たことも聞いたこともない人が結構いるし。
専門的な知識が必要なれ税理士も弁護士もいるし。

パン職人が化学とか知ってるかというと知らんだろうし。
電気技術者が素粒子発見のニュース見て、
「ま〜だ100年も前の波動方程式転がして推論してこんだけデカい機械作ってなにもできねえのか」
とかあきれることもないし。

でも逆に、哲学の学者は、横断的にいろんな分野の学問の成果を調べたり、学んだりしてる。

44 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:46:42.67 ID:jzArlcjA0.net

>>1
アリストテレスもそう思ってたろうよ

165 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 15:46:41.22 ID:QKzEyN/U0.net

>>157
そうそう。
最適化も標準分布の答え合わせだものね。
それで歩行やオートパイロットの最適化も行われている。

145 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 14:17:27.97 ID:Atf9iG050.net

>>12
人生哲学と哲学を混同してるアホ乙

10 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:04:36.55 ID:srUXFQaL0.net

子供のころは鉄道の学問だと思ってた

198 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 20:40:59.22 ID:XPloUa7o0.net

>>195
論理に当てはめることで狭くする可能性もある。

261 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 14:38:59.90 ID:EPyBqlSIO.net

哲学は思考力だよ

174 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 16:21:41.46 ID:E3ClZaij0.net

>>166
三次のアトラクタを理解できる様な人だけがAIについて語れる
とまでは言いたくないんだが、
文系の語りは単なるあてずっぽうだし、計算機科学やってる連中の多くですら、
AIをAI的に学習してるだけで、使いこなすことは十全に出来るものの、その理論は理解してないんだよな
社会学もゲーム理論の発展と共に数学的に難解なものになってるけれど、未だに文系なのかな…

222 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:49:17.21 ID:p0pVfWS70.net

哲学者って偏屈なだけ
ただ、一発当てると大物になれると言うだけのこと

181 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 17:33:54.62 ID:6fKSGXOZ0.net

哲学があったから今の学問として色々出来たんだよ。

80 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:24:31.93 ID:hTjPRz0p0.net

森本稀哲学
通称チョリ学

74 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:19:06.19 ID:OS70bEMP0.net

(´・ω・`)ソフィーの世界は面白かった。

230 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 22:13:35.14 ID:9HiUBKvi0.net

哲学の範疇なのか分からんけど
常識とか法律とかで人間社会をある程度縛れるのは凄いなと思う
逸脱しようと思えばいつでもできるんだけど
社会的な制裁を食らうかもしれないという点、
あとは道徳心に反するって想定だけで抑制できてるのがすごい
世の中は思い込みで成立してると言っても過言じゃないと思う

119 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:28:28.06 ID:bypqEqgg0.net

>>107
あっそうか
なんか神とか愛とかの単語が出てくると一気に分からなくなるんだわ

121 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:33:07.67 ID:QKzEyN/U0.net

>>119
美学とかもそうだけど、抽象論を語っているようで、実は論理的な組立をものすごく
丁寧に行っている著書が多い。

例えば、美学でのテキストにも活用されてるバシュラールの「空間の詩学」は、医学
を使わないで、明示的な現象だけから、人が認識して感じることと同じ現象を、他人
に与えられるか?ということ真面目に延々考察している。その中で、注意深く論理化
できることとできないことを仕分けながら、人の認識や喜びは何かということを明示的
に論理化された材料だけを使って組み立てていくという流れの本。

221 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 21:47:59.98 ID:xvfhW9n50.net

子育てが終わったら嫁と離婚して、仕事を週3日くらいにして、色々勉強しようと思ってるが、哲学もその一つだな。

哲学的な疑問の中でも、ほんとに不思議だなって思うものあるやん。

75 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:19:17.39 ID:7gLhsfRK0.net

>>63
考えて生きてない人もいるって事だろ

77 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:21:29.57 ID:uzgz8pZ10.net

>>20
哲学は分からないけど、近代の白人って確かに徳というか心(精神や魂含む)が未発達な部分あるね。
話す時は人の目を見ないと分からないっていうのもそこから来てる。
俺が実際に見てすげーなって思ったのは、明らかに体調悪くて苦しんでる奴が「いや、大丈夫だから」って遠慮して言ってるのに、
「おっ、そーか。良かった良かった(^^)」
って言葉で言ったことしか理解出来なかったとき。
アメリカみたいに多人種や多文化が集まると、気持ちではなく純粋な言葉でしか理解出来なくなる弊害があると思った。

12 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:05:23.70 ID:bVFrMBpW0.net

人間は自分のことをわかってくれる人なんかいなくても生きていけるってことこそが、
人間が学ぶべき、なによりたいせつなことなんだ。そして、友情って、本来、
友だちなんかいなくても生きていける人たちのあいだにしか、成り立たないものなんじゃないのかな?

122 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:33:45.14 ID:neFlWl5z0.net

知らないということを知る学問だろ?

39 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:44:00.57 ID:KdbzKVsD0.net

なんとなく分かっていることをきちんと言葉にするのって重要だと思うんだけど
哲学はそれをやってるんじゃないの

162 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 15:41:34.50 ID:xUi+5BM00.net

>>158
まったく違うぞ。科学と疑似科学の境界を
線引きした哲学者のカールポパーなんか読めば
疑似科学に引っ掛かりにくくなると言われてい
る。

191 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 19:32:50.51 ID:jnG8Lkik0.net

哲学と自己啓発は違うのか?

43 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 11:45:59.71 ID:gOhbWbHR0.net

屁理屈

278 :名無しさん@涙目です。:2018/06/30(土) 06:37:32.52 ID:+KOyiShh0.net

>>276
んなこともない。
ただのお勉強だよ。学問。
だから体系的に知識を積み上げることもできる。

上手な人もいれば下手な人もいるけど基本誰でも
理解はできる。

それ単体で人生が変わるものでもない。

学問は魔法でも階級を示すものでも人の心を変える
ものじゃないんだよ。

252 :名無しさん@涙目です。:2018/06/29(金) 09:07:20.99 ID:iy6H+v3x0.net

>>244
ニュー即はまだましでしょう
ネットでは知恵遅れやキチガイも自由に発言できるから目立つのよ

115 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:23:21.50 ID:Zb5P05pP0.net

>>109
村上春樹「せやな」

125 :名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 13:37:04.61 ID:WQL4jHdW0.net

まあ飯食って成人して老化して死んでいくだけの人生なら
何かを知ったり考えたりする意味はないからな
そういう人間にはまったく必要がない

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑