子供が泣き止まなくて寝られない

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:37:57.059 ID:+/Wq36Z/x.net
どうしたら泣き止むの…

135 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:39:31.552 ID:CSxdP4yqr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

152 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:54:27.455 ID:+/Wq36Z/x.net

1度くらい巨根を目にしてみたい人生だった

144 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:44:22.202 ID:+zTzQoDM0.net

荒らされてるなぁ

61 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:08:46.939 ID:u/f5jWTj0.net

おしゃぶり使うしかないな

127 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:38:30.753 ID:bDFykefQr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

150 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:53:16.146 ID:+/Wq36Z/x.net

お陰様でようやく寝付いてくれたよ( ;∀;)みんなありがと…でもあと1時間後にはお弁当作らなきゃ

72 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:16:18.829 ID:+/Wq36Z/x.net

世の中のお母さんはどうやって発散してるんだろうか
あまりに泣くとノイローゼになりそうで枕殴って抑えてるんだけどwww

47 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:59:55.955 ID:+/Wq36Z/x.net

>>37
もう当分陣痛は懲り懲り
人生で1番辛かった

129 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:38:46.900 ID:ggUzPurrr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

129 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:38:46.900 ID:ggUzPurrr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

119 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:37:19.922 ID:KVS0aWdTr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:59:02.789 ID:+zTzQoDM0.net

なんかごめん…

136 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:39:41.156 ID:au6WWk3zr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

155 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:59:03.996 ID:C0bl1/IF0.net

>>147
両親泣くで。
大変やけど、しっかりとママしときなよ

あ、洗濯機は俺も使い方知らんよ
ボタン多すぎやと思うけどなwww
でわ先に寝かせて頂きますd( ̄  ̄)

また、見掛けたら顔出します!!

117 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:37:05.644 ID:TxP0nGXxr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

157 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 04:04:20.776 ID:+/Wq36Z/x.net

>>155
両親ツンデレだから泣かないとは思うけどw
ほんと洗濯機は無駄に機能多いから初めは手間取るかもね

遅くまでありがとう!またスレ立てたら構ってくれたら嬉しい

159 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 04:05:50.472 ID:rHBDTVmQ0.net

ipadとかには反応する?
うちでは俺のハゲ頭には何の関心も示さないのにipadにはめちゃ反応するんだけど

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:52:52.835 ID:+/Wq36Z/x.net

>>25
今かなり雨降ってるし余程じゃないと病院行きたくないけど、体調悪そうだったら連れてくよ

71 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:14:12.122 ID:4di1hQi00.net

>>66
ずっとお腹の中で声聞いてたんだぜ?
全然違うさ
きついだろうけどできるときは盛大にタッチして声掛けてやってな

109 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:36:05.771 ID:flJ/1u3+r.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:57:54.835 ID:+/Wq36Z/x.net

>>35
30分前にあげたばっかり!

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:42:39.576 ID:d490hdxi0.net

抱っこして外に出る

153 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:55:06.452 ID:+/Wq36Z/x.net

>>148
眠れないときあるよね

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:39:23.147 ID:FJyLcvBs0.net

構うから泣くんだぞ

139 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:40:49.374 ID:C0bl1/IF0.net

>>97
文句言わない旦那なら助かるな
夜泣き、寝不足、ストレス
ホントもう少しの辛抱やから耐えるんやぞwww

いづれ、その子が母親?父親?になって育児の苦労が
分かる時がきたら苦労話として語ったれ!!
その前に、君の親が健在なら
感謝の一言でも伝えたれwww
子供は色んな意味で幸せをくれるからな

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:42:16.342 ID:TC3/9BDZ0.net

もしくは風邪か

89 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:25:41.536 ID:D35qUZF0r.net




147 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:50:00.555 ID:+/Wq36Z/x.net

>>139
文句言わないし、休日は育児も一緒にやってくれるから本当に旦那には感謝しかない

あっ、女の子ね!動画撮りためてるからいつか見せながら色々語ってあげたいなw
両親にはほんと頭あがらないよ。元気なうちに感謝を伝えないとね

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:45:57.384 ID:nINcqzQv0.net

やれ

56 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:06:25.574 ID:+zTzQoDM0.net

旦那との馴れ初めを教えて

106 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:33:06.527 ID:4tednyQir.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

98 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:31:53.691 ID:bbIQANjqr.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

99 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:32:01.154 ID:8uVfbcm2r.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

134 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:39:24.858 ID:H8oAFTZYr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

125 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:38:11.951 ID:4JsMfj7Jr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

143 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:43:59.094 ID:rHBDTVmQ0.net

最近の洗濯機使ってるなら 夫が洗濯出来ないってのはちょい驚くな
古い洗濯機使ってるの?

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:54:05.220 ID:TC3/9BDZ0.net

>>30
それがいいよ
夜遅いけど頑張ってね

87 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:25:20.298 ID:+SPO/sx4r.net






22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:46:57.673 ID:+/Wq36Z/x.net

>>11
昼間はご機嫌だし毎晩だから風邪ではなさそう

142 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:42:58.815 ID:38YouR6Hr.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:54:13.757 ID:xvv5rMS0H.net

夜泣きは子供によるけどかなりしんどいらしいな頑張れ

73 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:17:34.943 ID:08IpvKrqH.net

>>72
枕の変わりに子供殴○ば?

63 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:09:26.578 ID:+/Wq36Z/x.net

>>57
絶望ビリーしか知らないけどオススメある?

83 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:24:35.396 ID:cM1VJdXwr.net










10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:42:01.943 ID:+/Wq36Z/x.net

>>8
寝言のレベルじゃないくらい声がでかいから近所迷惑も心配( ;∀;)

52 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:02:23.223 ID:+/Wq36Z/x.net

>>44
強い意志を感じる

84 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:24:51.546 ID:hEl6rQUnr.net








5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:39:01.831 ID:9+BXoXiF0.net

息の根を止める

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:59:45.295 ID:C0bl1/IF0.net

>>40
ゲップは出たんか?

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:45:05.954 ID:4di1hQi00.net

何かのサインだよ必死で探せや

94 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:28:37.874 ID:DoTxiBRsr.net

まんこイライラで草WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

111 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:36:17.682 ID:sXGYgz3kr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

82 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:24:34.719 ID:+/Wq36Z/x.net

>>76
おっぱい吸わせてるけど口離れた瞬間また泣くんだよねw

130 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:38:54.837 ID:Z47x+7oVr.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

104 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:32:41.117 ID:lPbVaIgfr.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

100 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:32:10.223 ID:orFeW05Fr.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

93 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:28:14.983 ID:0vKn3W4Xr.net

       ______
      /    人   \
    /     .||💢ミ.   \
  │       ‖ ∪ ミ     │
  │.      │ 人 │    │
  │..     ││:::│ヽ;   │
  |.     ││:・::││  │
  |      ││::::││.   │
    |      ││¥││    |  ___________
   \      \.━ /  ,/ .| |              |
   ノ        v     \ .| |              |
. /´                   | |              |
 |    l              | |              |
 ヽ    -一ー_‾、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_

54 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:03:45.126 ID:+/Wq36Z/x.net

>>43
でも産んでよかったと思うよ
泣いてなければ可愛い

86 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:25:11.502 ID:yWf0QGAmr.net











64 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:10:03.761 ID:+/Wq36Z/x.net

>>61
おしゃぶりすぐ口から落ちちゃうんだよね

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:59:06.546 ID:AXeLiyH7d.net

👶「今夜は寝かさない」

48 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:00:50.381 ID:+zTzQoDM0.net

>>47
よく頑張ったな

16 :四貫谷(しぬきや) :2019/06/11(火) 02:44:16.353 ID:RhyIKiLap.net

>>10
https://togetter.com/li/1288988

でも泣き声とかぶっちゃけ仕方なくね?
赤ちゃんやし

97 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:31:32.962 ID:+/Wq36Z/x.net

>>80
家から出れないのも、日中話し相手がいないのもつらいけど今のうちだけだと思って耐えるよ
旦那は洗濯機も使えないし、料理もレンチンしかできないけど私が家事しなくても文句言わないから助かる

103 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:32:32.495 ID:gL7EUbcpr.net

                 __,,,,、 .,、
            /’゙´,_/’″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'”,i” ゙;、 l’ii,”く     .ヽ
         / …│  ゙l,  l゙゙t, ”ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙‾””””./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`”←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
       .ll゙, ./    !            ,!
       .!!…!!   ,,゙””ー       .|、
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”’、 .゙ゝ……..ん
       l  /     ヽ .`’ `、、  .,i゛
       .l|  !    ””v,    ゙”ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬—イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      l.”,!    .リ         |
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |・
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      l”:|    .〜”’      ,. │、
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      l; :!    .|'”    …ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |、
      :! .l.    }    ,i’./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|、
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i’./    |、
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   ”      .|
      :! !    │        │、
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'” .!    |’i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙、。、、

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 02:57:10.909 ID:+/Wq36Z/x.net

>>32
ありがとう
会話してると私も気が紛れるから皆がレスくれて助かる

128 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:38:39.279 ID:7Ce1en/Or.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

167 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 04:50:45.156 ID:NJ6Pkpzr0.net

上の子もそんなんだった
生後4ヶ月まで22時〜4時まで泣きっぱなしだった

50 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:01:45.347 ID:LxxsCK/10.net

https://www.youtube.com/watch?v=fW-vb9e8_Sc

15分連続子供が泣き止むタケモトピアノのcm

113 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/06/11(火) 03:36:33.378 ID:/FAFYs2Ur.net

梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑