勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「>>4」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 19:41:55.472 ID:rdBCRO4Y0.net
長老「いや剣が喋るわけがなかろうて……」

勇者「いや確かに何か言ってるって。この声聞こえてないのか?」

長老「……まあ聞くだけ聞いてやろう。何と言っておる」

聖剣「>>4

57 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 20:45:38.149 ID:T8c0txK10.net

安価なしかよw

556 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 14:57:08.994 ID:yPJSp8Ix0.net

数十分後

女騎士「すぅ……すぅ……」

勇者「手強い相手だった……」

67 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 21:05:10.951 ID:0YLC/f9R0.net

ksk

628 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 20:56:45.508 ID:yPJSp8Ix0.net

女騎士「……」

姫「!」

姫「あー! だうだう!」

奇妙なオブジェ「うん? どうちたのかなー? ちょっと待ってね。今頭のポジション元に戻すから」

奇妙なオブジェ「よいしょっと」ゴソゴソ

奇妙なオブジェ「ふぅ。これでようやく前が見れ」

女騎士「……」

奇妙なオブジェ「……」

219 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 07:05:21.325 ID:tZXhEQ1I0.net

ズリュンッ!

勇者「か、完全に入り込んじまった」

勇者「……」

大臣「……」

勇者「……大臣?」

大臣「……」

勇者「おい、どうしたんだよ。さっきまで元気にのたうち回ってたってのに」

大臣「……」

大臣「……」

636 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 21:16:07.341 ID:yPJSp8Ix0.net

奇妙なオブジェ(マズイ! 剣を振って来るからせめて剣で防御したいけど、ここで聖剣使うとさすがにバレる! 白く塗っといて良かったけど、抜いたらバレる! 毎日見られてるもんな!)

奇妙なオブジェ(どうしよう、そうだ安価を……!!)

姫「だぁーー」ガシッ

女騎士「なっ!?」

奇妙なオブジェ「!」

480 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 09:15:00.052 ID:mEtJiTcr0.net

保守ってどれくらいの間隔だっけ

532 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 14:16:55.675 ID:L9b2VVhF0.net

やっぱこいつ聖剣じゃなく魔剣じゃないか

129 : :2018/11/03(土) 00:04:57.095 ID:tZXhEQ1I0.net

勇者「取り上げられた荷物がどこに行くか、知っておきたかったんだけどな……」

勇者「こんな薄情な奴らだったとは思わなかったぞ」

勇者「……」

勇者「牢獄に入ってる時点で悪人だったなそう言えば」

看守「ほら、就寝時間だ! さっさと寝ろ囚人ども!」

勇者「……今日は一旦休むとするか」

勇者「……思えば、こうしてゆっくり眠るのも久しぶりな気がする」

勇者「ここしばらく、野盗やモンスターを追ってギリギリを攻め続けていたからな……」

勇者「今夜くらいは……よく眠れそうだ……布団、固いけど」

105 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 22:58:52.895 ID:I1kpLYM90.net

適当に荷物を一つ斬れ

190 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 04:34:57.089 ID:tZXhEQ1I0.net

勇者「いいえ待ちません! 俺の罪滅ぼしのためです! せめて自分が何を壊したのかくらい確認させてください!」

大臣「待てと言っている! その箱に触れるな!」

勇者「いや本当ごめんなさい。マジで、許してもらうためにどうすればいいのかわからないんで! 謝るためにも見せてください!」

大臣「やめろ、開けるなァ!!」

勇者「許してください許してください許してください許してください」

カポッ

勇者「……へ?」

501 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 11:31:36.898 ID:DCL9tIgN0.net

うぜーな何日もってんだよこのスレ

699 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 12:26:29.512 ID:psf1yL55d.net

86 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 22:03:17.534 ID:rdBCRO4Y0.net

傭兵「新手か……?」

勇者「なあ、あんたら、野盗だよな? どう見ても野盗だよな!?」

商人A「な、なんだあの男は……」

商人B「ボロボロの身なりに、痩けた頬……剣で武装している……その上、あの血走った目……!」

商人C「きっとやばい奴に違いない」

勇者「お前らには聞いてねえ! 俺はそこのやばそうな奴らに聞いてるんだ。野盗だよな?」

盗賊「お前にやばい奴とか言われたくないんだが」

411 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:26:12.463 ID:Yd536N0qa.net

苦しいのか

727 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 18:28:20.193 ID:hOiq6uPg0.net

タタタタッ…

警備「ん?」

奇妙なオブジェ「あ」バッタリ

警備「不審者発見!! 捕まえろぉ!!」

奇妙なオブジェ「ああああああああ!!」

606 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 19:40:31.442 ID:VSxKIzlPa.net

随分面白いことになってやがる

648 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 22:02:15.965 ID:BqcH/lDS0.net

そろそろ来るかな

617 :>>612 説明不足だったけど、赤ちゃんになるのは精神だけです:2018/11/04(日) 20:17:11.691 ID:yPJSp8Ix0.net

姫の部屋

姫「まったく、女騎士ったらどこにいるのかしら」

姫「侵入者が出たみたいだし……今回も勇者さまのような良い人とは限らないし……」

姫「少しだけ、心細いかも……」

コンコン

姫「!」

扉の向こう「……」

姫「……だれ?」

扉の向こう「……」

416 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:30:44.015 ID:fUaoMhECd.net

お姫様と赤ちゃんプレイをしなさい…

737 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 18:38:13.662 ID:o/whGTHYa.net

意地でも正解を素直には教えてくれない聖剣

339 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 22:03:45.046 ID:tZXhEQ1I0.net

姫「勇者さまはこれからどうするつもりなのですか」

勇者「うん?」

姫「聖剣を携え、故郷を出てきたのです。何か使命があるのではないでしょうか」

勇者「俺は……」

608 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 19:46:02.641 ID:a9zfuVwQ0.net

安価多くないけど面白いな

293 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 17:38:24.609 ID:KziENgTM0.net

まだあるのか

482 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 09:21:08.102 ID:UUufGc9/a.net

697 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 11:37:24.446 ID:RAmLXBuDa.net

583 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 18:29:49.817 ID:bOJhCF/ea.net

女騎士との修業で、身体能力が上がってるのか

426 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:43:04.288 ID:NGBl1y+V0.net

これは体調不良の介抱からの赤ちゃんプレイコースか

418 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:32:38.736 ID:ZwelrqhJ0.net

クソワロタ
この剣嫌がらせしたいだけだろ

195 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 05:29:07.101 ID:tZXhEQ1I0.net

姫「警備さん。わたしのために本気で怒ってくれていましたね」

姫「なんだか悪いことをした気がしてきました……」

姫「……それにしても。警備さんから逃げ切るだなんて、なかなかやるじゃないですか、わたし」

姫「ちょっと自信が付いたかもしれません」

姫「もしかして……才能があるのかも」

姫「ふふっ」

女騎士「気は済みましたか、姫」

姫「ええ。とっても」

女騎士「……」

姫「……」

姫「……あ」

132 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 00:14:22.359 ID:tZXhEQ1I0.net

看守A「しかし、あの大臣様も相当だな。いくら囚人の物とは言え、勝手に自分の物にしてしまっていいのか?」

看守B「ダメに決まっているだろう。ただ、まあ良いってことになるんだろうな。あの人の権力なら。偉く気に入ったみたいだし、結構な値打ち物みたいだぞ、あの剣」

看守A「でも鞘から抜けないんだろう? そんな剣持ってて意味があるのか?」

看守B「ただのコレクションだろ。そもそもあの大臣じゃあ剣が抜けても使えねえよ」

看守A「まあ、これはどうあれ、あの囚人の刑も決まったようなもんかね。まだ若いのにかわいそうに」

カツ、カツ、カツ…

勇者(……)

624 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 20:47:47.024 ID:yPJSp8Ix0.net

城内

女騎士「くっ……私としたことが、休憩所でこんな時間になるまで眠りこけてしまうなんて」タタタタッ

女騎士「前後の記憶が思い出せない……疲れていたのでしょうか」

女騎士「よりによってこんなタイミングで城に侵入者だなんて、最悪です」

女騎士「姫……今日こそは大人しく部屋に戻っていてくださいよ……!」

239 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 08:58:17.000 ID:tZXhEQ1I0.net

勇者「いやいや待て待て。諦めるな。思考を止めちゃダメだ。一旦整理しよう」

勇者「これパッと見、指示というより何かの詠唱か? つまりこの詠唱で発動する何らかの魔法があって、それをこいつに打ち込めば効くってことか!?」

勇者「思えば、これと似たような謎の呪文っぽいのを一度聞いてるんだよな、俺。確かアバダナンタラだったか」

勇者「あの呪文の意味も結局わからず仕舞いだったが、こう、魔力的な何かを込めて叫んでいたらあの時何かが発動していたのかもしれない」

勇者「これは何かのチャンスの筈だ! ぶっつけ本番だけど、やるしかねえ!」

173 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 03:06:42.294 ID:sijagGiJ0.net

再開か
危うく寝るとこだった

294 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 17:51:00.604 ID:AhmcW50Sa.net

やっと追い付いた

516 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 12:42:07.113 ID:kQkCXTs70.net

おはよう

405 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:16:06.044 ID:yPJSp8Ix0.net

王「聖剣に選ばれし勇者よ。そなたを見込んで一つ頼みがある」

勇者「?」

王「最近、魔物の動きが活発化しているのは知っているな?」

勇者「噂には聞いてます」

王「特に北と東の方面の動きが激しく、その地方の都市との連絡は密に取っていたのだが」

王「最近、北の都市との連絡が途絶えたのだ」

王「何かがあったのだろうが、無闇に騎士隊を派遣するよりは、身軽なそなたにその役目をおってもらいたい」

王「どうか?」

勇者「無理です」

298 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 18:18:24.587 ID:TI8tUa230.net

夜通しやってたからな
そりゃ寝ちゃうよね

80 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 21:45:11.689 ID:rdBCRO4Y0.net

物陰

盗賊「お頭、商人らしき一団を発見しやした。荷馬車三つ。王都の方に向かってるんじゃないですかね」

お頭「護衛は?」

盗賊「さあ。特に目立った奴がいるわけでもねえし、いたとしても少数でしょう」

お頭「南の方の治安の良さに油断してるのか。この辺にアジトを作ったのは正解だったかもしれんな」

盗賊「おっと。一団、休憩に入ったようで」

お頭「荷を降ろして全員が出るまで待ってろ」

お頭「了解でさぁ」

448 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 02:43:05.609 ID:yPJSp8Ix0.net

勇者「……」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「…………魔法?」

115 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 23:20:56.747 ID:rdBCRO4Y0.net

勇者「……ごめんなさ」ドンッ

勇者(……あれ?)

フラッ

傭兵「……」

勇者「傭……兵……!」

傭兵「これでも人を見る目はあったつもりなのだがね」

傭兵「君の狙いは最初からこれだったと言うことか」

勇者「……ぐぅ」ドサッ

傭兵「安心しろ。殺しはしない。ただ、王都の警備隊に引き渡し、罪相応の処罰を受けてもらうだけだ」

勇者「……」

勇者(意識が……)

614 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 19:58:06.485 ID:a9zfuVwQ0.net

ひえっ…

188 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 04:31:22.945 ID:tZXhEQ1I0.net

勇者(だ、大臣のご機嫌を取らなきゃ……何かないか。何かないか……何か……)キョロキョロ

勇者「!」

勇者「あ。これ、俺が斬った箱ですね」

大臣「!!!!」

137 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 00:37:56.449 ID:tZXhEQ1I0.net

看守A「あっ、あっ、」

ツルッ

ゴチーン!

勇者「あれ」

333 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 21:32:33.917 ID:tZXhEQ1I0.net

姫「しかし、良いではないですか。聞けば大変なピンチじゃないですか。勇者さまは無手だったようですし、仕方ないのでは」

女騎士「しかし……」

姫「それに、聖剣とそれに選ばれし勇者。国を守るため、これらを失う訳には行きません」

姫「あの後行われた大臣の部屋の調査で、違法な物品が沢山出て来たとか。あれらを放置していれば、本当はもっと大変な事態になっていたかもしれないのですよ」

女騎士「ですが……」

姫「お願いです」

女騎士「……」

姫「……ダメですか?」

女騎士「う」

425 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:41:25.728 ID:xTCqiBvn0.net

これもう魔剣だろ

265 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 12:12:01.979 ID:XyqpjSTdd.net

4円

397 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 00:36:07.555 ID:BqcH/lDS0.net

別に寝落ちたわけじゃないだろ

581 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 18:11:44.130 ID:yPJSp8Ix0.net

勇者「なんか思ったよりも見つからなかったな。前回はどこに隠れてもすーぐ見つかってたのに」

勇者「あの時はたまたま警備の人の質が高かっただけか? よくわからんな」

525 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 13:43:09.313 ID:BqcH/lDS0.net

クソワロタ

603 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 19:19:58.998 ID:bOJhCF/ea.net

668 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 01:59:51.016 ID:5X7xd+1V0.net

165 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 02:31:11.900 ID:tZXhEQ1I0.net

勇者「……あ! そう言えば聞きたいんだけどさ。じゃなくて、聞きたいことがあるんですけども!」

姫「?」

勇者「えーと、大臣の部屋の場所って、わかるか?」

姫「大臣の部屋……?」

勇者「そう。そこに、俺の大事な物があるはずなんだよ。ちょっとしたゴタゴタで取り上げられちゃってさ……取り上げられちゃいまして」

姫「言い直すくらいならそのままの話し方でいいですよ。周りの目がある時はやめてほしいですけど」

勇者「……悪いな。敬語、出来ないわけじゃないんだが、今急いでてさ」

姫「それで、大臣の部屋ですか? 確かにわたしもあの大臣のことはあまり好きではないですけど、さすがにそこまで教えるのは……」

勇者「そっか。助けてもらった上に答えづらいことまで聞いちゃってごめんな。あとは自力で何とかしてみせるさ」

姫「……ちなみに、その大事な物とは?」

勇者「聖剣」

60 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 20:50:35.996 ID:rdBCRO4Y0.net

一時間後

勇者「この辺、モンスターとかいなくない?」

385 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 23:47:19.255 ID:PcNSMS6L0.net

女騎士ルートキボンヌ

415 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 01:30:41.817 ID:PR1ys9VYa.net

姫にキス

675 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 04:10:22.386 ID:+tms5SZg0.net

まだあったんかこれ

315 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 20:21:01.916 ID:lvzKHark0.net

━━(゚∀゚)━━!!

337 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 21:59:02.246 ID:tZXhEQ1I0.net

女騎士「……良いでしょう。確かに大臣の諸行を野放しにすることはできませんでしたし、それを見抜けなかった我々にも責任があります」

女騎士「それを暴いていただいたのです。姫のお言葉もありますし、上への報告は私がなんとかしておきます」

姫「ありがとう女騎士!」

女騎士「……それにしても、姫がここまで肩入れするなんて」ジロッ

勇者「な、なんだよ。急にこっちを睨んできて」

女騎士「なんでもありません」

546 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 14:45:41.915 ID:PhSZTbb8a.net

聖剣「姫来い」

731 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 18:31:22.457 ID:j6xu+CsCM.net

渾身の一発芸

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 20:09:50.302 ID:rdBCRO4Y0.net

勇者「……あれ? なんか二人、距離近くね?」

勇者「つーか、なんか、美少女ちゃん。顔赤くね」

村人A「あの二人、付き合い始めたらしいぜ」

勇者「……は?」

672 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 03:15:52.406 ID:WxYPDiVR0.net

三日に渡る超大作

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/02(金) 19:42:45.872 ID:QTy1fJ250.net

アバダケダブラ

600 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 19:09:59.266 ID:yPJSp8Ix0.net

警備A「どうした」

警備B「それ、ペンキ塗りたてみたいだ。下手に触ると白いのが移るぞ」

警備A「うわ、本当だ。テカってヌラヌラしてる。危ないな」

警備B「床の白いのもそのペンキだろ。大方、誰かが運んでる途中で警報が鳴ったから放置してどこか行ったとかそんな感じじゃないかね」

警備A「いずれにせよ床にペンキ落としながら運ぶのはダメだろ……」

370 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 23:35:23.316 ID:tZXhEQ1I0.net

女騎士「……え。まさか実剣使うつもりだったんですか? 失礼ですけど、勇者さんの腕前で実剣を使った訓練をするのは非常に危険なのですけど」

勇者「木剣だと意味がないんだよ」

女騎士「どういう理屈ですか」

勇者「頼むよ」

女騎士「……むぅ」

653 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 22:46:51.240 ID:cvl1ncGaa.net

今のところ安価失敗の罰たけで成功の見返りが見受けれんがストーリーで回収していくのかな

660 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/04(日) 23:50:57.856 ID:p8kAEZxJ0.net

保守

135 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 00:28:36.945 ID:tZXhEQ1I0.net

囚人A「ひ、ひええ……!」

看守A「どうした! 何があった!」

囚人A「お、俺は知らねえ! 知らねえよお!」

看守B「落ち着いて話せ」

囚人B「そ、そこの牢のそいつが……」

看守A「そこの牢……?」

看守AB「なっ!!?」

勇者「…………」ドクドクドクドク…

看守A「血まみれ!?」

看守B「し、死んでる……?」

囚人A「そいつが、夜中に急に起き出して、頭を牢に……!」

囚人B「見てるこっちの気が狂いそうだったぜ……」

327 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/03(土) 21:29:06.596 ID:tZXhEQ1I0.net

女騎士「さて……あなたは今、王城では悪魔を倒した英雄扱いされていますが」

勇者「はい」

女騎士「昨日の経緯を話してもらいましょう。大臣の身にいったい何があったんです?」

勇者「……」

……

勇者「––––と言う訳なんだ」

姫「勇者さま、すごい」

女騎士「……頭が痛くなってきました」

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Translate:

Translate »
ページTOPへ↑